FC2ブログ
2018 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 09
ツール・ド・おきなわ
- 2017/11/14(Tue) -
17111401.jpg


 10日の金曜日、臨時休業して早起きして6時51分発の東北新幹線やまびこに乗車。
 ね、眠い。
 東京について羽田11時39分発のJAL0913便に搭乗。
 トラブルで遅れて、15時ごろ那覇に到着。
 ここまで8時間ほど。
 なんだ意外と近いじゃん、クルマで『シマノ鈴鹿』に遠征するときは10時間くらいかかったぞ、しかも自力で運転しなければなかったしこれはラクだ、なんて思いながら予約済みのレンタカー屋さんへ。
 名護市へ向けてフィットを転がしながら、デミオの方がよかったな、などとブツブツしながら『ツール・ド・おきなわ2017』の開催される名護市役所近くのメイン会場へ。

 途中、豪雨。
 ワイパーのゴムが硬くてギシギシ。
 北上とは気温差20℃以上。

 着いたら、日もとっぷりと暮れていた。
 先着していたGIANT JAPANの皆さんと合流して、地元の沖縄輪業のお偉いさんと再会して。









17111402.jpg










17111403.jpg


 翌11日。
 終日、会場のテントでメカニカルサポート。
 ・・・っつーても、GIANTの若いスタッフのお邪魔をしないようにそこそこに。
 自分の子供よりも若いスタッフとは、スピードも全く違うしね。
 ウチのお店はあんまり早くやると、すぐに仕事が無くなっちゃうし。
 
 空輸で運ばれてきたバイクはビミョーにセッティングも狂うのか、100台以上のバイクのメンテナンスだった。
 中には工賃無料を狙って、チェーンやタイヤ、バーテープまで交換するちゃっかりさんも。

 シマノ、ブリヂストン、ジャイアントの3か所体制だったから、300台以上・・・?









17111404.jpg


 翌12日、5時半集合。
 ね、眠い。
 
 『市民140kmコース』のメカニカル担当車に同乗し、名護から30kmほど北、スタート地点のオクマの道の駅へ。

 あぁこれで今までの念願が、やっと叶う・・・。

 オクマは、30年ほど前にFineという雑誌をやっていた頃に、水着のネーちゃんの撮影に来た思い出の場所だった。
 米兵向けの洒落たコテージが点在していて、そこを借りてオクマビーチでの撮影だった。
 あの時のピチピチ水着ネーちゃん3人は、すでに50歳オーバーのオバちゃん・・・?









17111405.jpg


 スタートの場所取りしているバイク。
 一台、100万円くらいするバイクが無造作にズラリ。

 どこで買っているんだみんな、せめて一台でもウチで買ってくれ~~!!
 
 









17111406.jpg


 スタート前、目の前を先にスタートした210kmの選手の逃げ集団6人が通過。









17111407.jpg










17111408.jpg










17111409.jpg


 18分後、遅れた大集団が通過。
 メーカーのーサポートカーが、ビッグレースの気分。









17111410.jpg


 市民140km、400人以上がいよいよスタート!









17111411.jpg


 クルマの中には、前後のホイール20本以上。
 トラブルに即座に対応できるように、こうして前席にも。
 あと、水とか補給食とか。









17111412.jpg



 オートバイの方も、こうしてパンクとかホイールのトラブルに対応。








17111413.jpg









17111430.jpg


 本土のアマチュアレースでは、絶対に見られない景色。

 400人以上の集団が、国道を占拠して走る。

 撮影はクルマのフロントガラス越しなので、画質の悪さはゴメン。









17111414.jpg


 途中、いっぱいあるが省略。

 ゴールまで数キロ地点に、仲間やギャラリーが集結。
 ここで、最後の元気がもらえる。









17111415.jpg


 いよいよゴールの名護市役所前へ。

 2人が逃げて、8人が追う展開。
 130km以上も走って、ここで一気に加速、勝負する。









17111416.jpg


 ラスト数百メーター。
 名護の市街地。

 この景色を見てロードレーサーに乗っていて、あぁここを走りたいと思わない人は、とっととロードレースをやめた方がいいと思う。

 本土では絶対に考えられない国道封鎖、そこをアマチュアのレーサーが参加料さえ払えば誰でも貸し切りで思いっきり走れる。
 最長で210km、こんな長い距離を走れるアマチュアレースはこの日本では他に皆無だ。
 
 不便だとか遠いとか言わずに、ここに4000人もの本物のレーサーが全国から台湾から中国から集結する理由。

 見た通り、反対車線は大渋滞。
 あぁ、キモチいいだろうなぁ、とまるで自分が一緒に走っているような錯覚、気分。









             17111417.jpg










17111418.jpg










17111419.jpg










17111420.jpg










             17111421.jpg

 
 沖縄で呑むと、どーしてオリオンビールと泡盛が美味いんだろう。
 よしっ、と思っててお土産にして帰って呑むと、あんましたいしたことないのは、これまたなぜだろう。

 ま、最も沖縄的なもの、っつーことで。








17111422.jpg










17111423.jpg


 11日の朝、1時間ほど晴れた。
 その景色をホテル周辺から。
 あとは、雨と曇り。

 タイトなスケジュールだったけれど、それなりに沖縄料理とかは楽しんだよ・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | bike | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<this morning | メイン | 2017・晩秋>>
コメント
- -

お写真にクレジットを入れた一枚目からラストカットまで。
すわ、これはただごとならぬ「イベント」だと拝見致しました。
酔っぱらいの習性でつい、残波やオリオンビールに目が行ったものの、トドメのラストカットが本当に「美しい」です。
ああ、きっとこれは…。
ハッピーエンドを写したのに違いない、なって♪
2017/11/14 22:34  | URL | 昇り龍 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

朝早く起きなければならないのに、せっかくの沖縄だから呑んで喰って楽しみたい。
・・・疲れました・・・。
2017/11/19 15:36  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://finedarling.blog57.fc2.com/tb.php/4156-f3082415
| メイン |