FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
出張(?)だよ #3
- 2017/09/03(Sun) -
 展示会の翌日が定休日だったので、写真展のはしご。
 天才アラーキーこと荒木経惟さんの写真展が同時期に二つ開催されていたので、これは必見! っつーことで。

 まずは、恵比寿ガーデンプレイスの中にある東京都写真美術館で、『荒木経惟センチメンタルな旅1971-2017-』。


17090301.jpg










17090302.jpg










17090303.jpg










             17090304.jpg










17090305.jpg










17090306.jpg










17090307.jpg










17090308.jpg










17090309.jpg


  多岐にわたるおびただしい作品群の中で、これは、妻「陽子」というテーマに焦点を当てた写真展。
 特に、『冬の旅』というタイトルのもと、妻陽子さんが亡くなるまでの8か月、最後の誕生日からの日付入りでつながるドキュメンタリーは圧巻。ほとんど既視の写真であるが、時系列でつながると胸が圧迫されるほどリアルで、まるで自分の経験であるような錯覚すらする。

 泣けた。
 ただキレイキレイではない、まさに写真のもつチカラ、まさに写真はセンチメンタル・・・。








             17090310.jpg










             17090311.jpg










17090312.jpg










17090313.jpg










17090314.jpg


 泣けたから水分補給。
 恵比寿だからエビスビールでね。

 あぁしかし、オレは何十年たってもこんな写真しか撮れない・・・。

 そして次は、初台のある東京オペラシティ アートギャラリーでの『写狂老人A』。

 



17090315.jpg










17090316.jpg









17090320.jpg










17090317.jpg










17090318.jpg


 こちらは、最新作を中心に約1,000枚!
 とにかく写真に対する熱狂は圧倒的で、その目線の先の多様性にぶちのめされる。
 入ってすぐに、三段腹四段腹のシロートのオバサンのヌード写真が大きなパネルに貼られて部屋の両側に隙間なく並べられる。
 それがリアルで圧倒的なんだけれど、決して汚らしくないのはなぜだ。
 こんな写真、天才アラーキーにしか絶対に撮れない。
『生と死』という永遠のテーマは、上っ面の美とは無関係に、枯れ朽ち果てようとする花にも視線が向けられ、まるでそこから新しい生が立ち上がるよう。
 一見、何気なくただパチパチしたようなスナップ写真風なのだが、そこにはすべて生と死のせめぎあいが映り込んでいる、みたいな。

 これはまさに、写狂老人A、だな。
 そんで、神様からいただいた才能を全部使い切っていないんで、まだまだ撮るんだと。

 あぁ、いいものを見せていただいた。
 しかし、先の土門拳さんの時もそうだったが、なぜにいい写真を見ると写真をやめたくなるんだ?

 ・・・以上、3回にわたる出張報告(?)を終わらせていただきます・・・。







17090319.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | daily | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<9月3日 | メイン | 出張だよ #2>>
コメント
- 本日はシラフで拝見しておりますエヘン(笑) -

たまたま酒を呑まない日にしたら、この記事が。

「食事は、死への情事」
…何という感性!
呑まないで拝見してよかった…。

でも明日になればまた、酔っぱらってお莫迦になるワタシ。やや、よくよくジョッキを見ればビヤステーションとなっ。
…くはぁ、たまりませんねぇ♪
2017/09/04 01:05  | URL | 昇り龍 #-[ 編集] |  ▲ top

- やっぱ、人を撮らなきゃダメかなぁ・・ -

昇り龍さんこんばんは。
恵比寿ですのでビアステーションです。
昔々、ここにエビススタジオってのがあって、カタログの作成で月の半分も通っていました。
ですが、今回はもう右も左もわからずあっちへこっちへ。
時は確実に過ぎ去っていきます。

天才と競う気はありませんが、なんか自分の写真に飽きてきました。
ブログもそろそろ潮時かなぁ、っと・・・。
2017/09/04 22:12  | URL | yasu-be #-[ 編集] |  ▲ top

- 何章目ぐらいだろう? -

やや、聞き捨てなりませぬ、ご返事の最後の一行。
放置したのも幾度ぞ…のワタシめが云うのもアレですけれど。。。
ブログやめて続きはSNSで…な~んてことは私はしませんし、やりません。

お腹いっぱい、呑みながら。
キーボード叩いては「こうか…こっちのほうが見てて不快感薄れるかな?」と、イロイロ打ちなおしておりました。
酔い方と呑み方をマチガエルと、急にブログをやめたくなったりして。
でも次の日にゃ「何も変わっていないように」カメラ持ち出そうというキブンに。。。

あ~あ…なのにやっぱりオレのはヘボ写真だ。
でも、酔って写したツマミ写真はどうだべか。
…そうして酔った果てに勝手にひらめいてきた金言などを、やっぱりメモしたくなるのです。





2017/09/05 00:49  | URL | 昇り龍 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://finedarling.blog57.fc2.com/tb.php/4146-935cb334
| メイン |