2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
日本の東北
- 2017/06/09(Fri) -
17060901.jpg


 で、昨日の続き。

 夜からは、地元の早慶戦。
 敵はタイガージャージに身を包んで捨て身のサイドアタックで攻め込んできたが、所詮は多勢に無勢。 
 ま、「早稲田、中村、犬の糞」と当時の本にあるように、大隈重信候の早稲田在野精神、ガッコ卒業したら田舎に帰って地元に貢献しろ、って教えを忠実に守ったわけでもないのだが、早稲田は地方に卒業生が多いのだ。
 おっと、中村さんに悪気はありませぬ、ごめんなさい。
 ちなみに、「早稲田、中村、犬の糞」とgoogleで検索しても、まったくヒットしませぬ。
 犬だったか馬だったか調べましたけれど、これは、半世紀ほども前の本のハナシ、ですからに。

 しかして、こうしていつまでもライバルであったかな、とかお互いを思えることって素敵だな、と思った。

 最後に「都の西北」、「紺碧の空」、「慶應義塾々歌」、「若き血」を全員で応援団長のリードで歌ったが、全部、歌えた。

 早慶戦の時、前の晩から徹夜して外野席に並んで、マージャン卓を囲みながら一晩中酒呑んで、いざ野球が始まった時には酩酊、野球の進行状況もわからずに騒いで、最終的に勝ったなら新宿に繰り出して酒呑んで、歌舞伎町の噴水のポールによじ登って落下してビショビショになって、知らない人にオメデトーと酒おごられて歌舞伎町のブタ箱に泊まって。

 じつはオレ、ホントは慶応に入りたかったのだよ。
 加山雄三さん好きだったしあこがれたし。
 慶応って、お坊ちゃまのニホイがするし。
 早稲田って、米が早く実る田んぼだから、農業のイメージだったし。
 卒業生に野坂昭如とか五木寛之とか、なんか暗い感じしかいなかったし。
 おっと、吉永小百合さんだけは別ね、あの人ウンコこしないって伝説があったな。

 で、岩手の自転車屋の息子長男だったなら、慶応で間違いなかった、はずなんだけれども。

 違うか・・・?

スポンサーサイト
この記事のURL | sake | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<5月に30℃超えた日もあったっけ | メイン | 花巻温泉>>
コメント
- Best memories♪ -

Memories are invincible
It is a life♪
2017/06/10 01:37  | URL | 昇り龍 #-[ 編集] |  ▲ top

- 君といつまでも -

昇り龍さん、こんばんは。
すいません、ついコーフンして舞い上がってしまいました。
ま、いつもは冷静でクールな自分も、たまにはこうなるってことで堪忍どすえ。
・・・ん、誰が冷静でクール・・・?
2017/06/10 22:19  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://finedarling.blog57.fc2.com/tb.php/4106-20182aef
| メイン |