FC2ブログ
2019 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2019 05
梅が咲き始めた
- 2019/04/13(Sat) -
19041301.jpg

 日陰には、まだ一昨日の雪が残っているけれど、









19041302.jpg


 梅がほころび始めた。









             19041303.jpg


 でも、市役所にある開花宣言する桜の木は、まだまだ色気なし・・・。
スポンサーサイト



この記事のURL | daily | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タイヤ交換
- 2019/04/11(Thu) -
19041101.jpg


 関東に春の雪が降った寒いぞ冬に逆戻りだ、ってニュースを見てハハハ気の毒に、と他人事に思いながら朝起きてみたら時間差攻撃の雪まみれ風景だった。

 なんてこった、今朝はスタッドレスタイヤをフツータイヤに換える予約をしていたのだよ。
 年を取るにつれて、すべては思いと違う方向へ向かうと思うのはオレだけか。

 でも、換えた。
 オレのハスラー(正確にはフレア クロスオーバー)は4WDだから、こんな雪には負けないのだ。









19041102.jpg

 ドライブレコーダーもつけてもらって、待ち時間一時間半。

 その間に、時間つぶしで近所のスーパーに買い物に出かけたが、足がびしょびしょになった・・・。

 
この記事のURL | daily | CM(0) | TB(0) | ▲ top
40周年ライブ
- 2019/04/01(Mon) -
19040101.jpg










19040102.jpg


 日曜日のかき入れ時だったが、営業時間をチョコチョコっと変更(ゴマカ)して仙台へ。
 3,4日前にギリギリでキャンセルが出てラッキーチケットを確保できた、サザンオールスターズのLIVE TOUR 2019へ出かけたのだった。

 どーせ自転車には大敵の大雪積雪、いらっしゃるお客さんも少ないだろうと後ろめたさも少し消えて。


 仙台も雪が降ったみたいで、あちこちに残雪が残っていた。


 サザンのライブは、およそ37年ぶりぐらい(3年7か月ではないよ)。
 今は無き、新宿厚生年金会館でのライブだった。
 サザンがデビューして3,4年ぐらいの頃だから、桑田さんもまだ元気いっぱいの20代。
 熱心なお客様とノリノリのナンバーを数曲こなした後、いきなしクラプトンのブルースナンバーの弾き語りを始めて、それまで総立ちの観衆は休憩着席タイム、今まで座ったままで共通のフリについて行けず圧倒されていた自分だけがやにわに立ち上がって酔いしれる、といった構図だったな、確か。
 あんまり知られていないけれど、桑田さんはブルースギターも上手なんだよ。

 しかし、バンドも40年もやっていると必然的に音が厚くなるね。
 しかも、サポートメンバーがほとんどずーっと同じだから、息もピッタリ。

 お客さんも多種多様で、会場で販売されていた記念の赤いTシャツを着ても、還暦の衣装にしか見えない人やお祭りの夜店のおっさん風情の人や、ま、かつての新宿よりは圧倒的に居心地がよかったのは言うまでもない。

 そんでもって、およそ3時間半36曲ほぼ休みなし。
 40年間のヒット曲とかやりたい曲とか、そしていろんな年齢層にも考慮しなきゃないから大変だ。
 しかしスンゴイパワーだね、メンバー全員60歳オーバーだよ。
 聴いているこっちが、もう結構ですありがとうございますもう十二分に堪能させていただきましたゆっくりとお休みください、と言いたかったほどサービス満点のステージだった。
 
 









19040103.jpg


 しかし、こっちには帰る時間があるので気が気ではない。
 ステージが終わったなら、牛タンとか地酒で仙台の夜を満喫しよう! なんて思っていたのだが、5時に始まったコンサートが終わったのが8時半。それから会場からバスで仙台駅まで45分ほど。最終の下り新幹線が10時20分発だから、一時間ほどしか時間がなかったので、駅前の居酒屋さんでそそくさと。

 気分がいいから思い切って本マグロの刺身を頼んだら、あいにくの売り切れ。
 代わりに、地元の金華サバを勧められたのでそちらに。

 しかし、かつての大衆魚のサバも出世したもんだ、本マグロと同じ値段の980円。
 サバも桑田さんみたいにビッグになった、ってか。
 



 









19040104.jpg


 こちら、牛タン焼きではなく牛タンメンチ。
 牛タンを小刻みにして、ネギかなんか入れてメンチカツにしたものだ。

 〆で頼んだ気仙沼焼きそば(焼きそばの中に目玉焼きと豚の焼肉がいっぱい入ったもの)のオーダーが通っていなくて、ギリギリでパックに詰めてもらってダッシュで3分前に新幹線の乗客に。

 新幹線の中でワンカップでも買って焼きそばを食おうか、とか思ったのだが、新幹線やまびこはつい最近に車内販売が終了、なすすべなくパックの焼きそばを眺めながら雪の積もった北上へと帰った。

 あぁ、桑田さんもサバも出世したのに、オレはなんも変わらず・・・。
 

この記事のURL | daily | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |