2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
花に囲まれて
- 2017/04/29(Sat) -
             17042901.jpg



 帰帆場公園の、石垣の上。
 山桜と椿の間にジュリー(愛犬)のお墓がある。
 山桜の下にはヤマブキと、向こうには枝垂桜を望んで。
 正面から日が昇り、一日中太陽が地を照らす。

 最高のロケーションだな。
 昔の、高貴な方のお墓みたいだな。

 こんなところに葬られたら、死んでもムズム元気に生き返りそうだ。
 春になったら、一緒に土の中からコンニチハしちゃいそうだ。

 オレも、染黒寺よりここがいいな。

 おっとごめんなさい住職さん、もちろん染黒寺が一番ですとも・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | daily | CM(0) | TB(0) | ▲ top
展勝地、ラストかな・・・
- 2017/04/28(Fri) -
 今朝7時、展勝地までクロスバイクで5分。
 そこで、小一時間、スナップ。

 ・・・だれもいない。

 みんな、早く来いよ。
 写真、撮り放題だよ・・・。








17042801.jpg








17042802.jpg








17042803.jpg








17042804.jpg








17042805.jpg








17042806.jpg








17042807.jpg








             17042808.jpg








17042809.jpg








17042810.jpg








             17042811.jpg








17042812.jpg








17042813.jpg


 西のお山にはまだ残雪が白くわんさかあって、水仙もまだ頑張っているというのに、ソメイヨシノは散り始めた。

 パッと咲いてサッと散る。
 この潔さが、桜の愛される理由の一つか。
 かなり難しいけれど、自分もそう生きたい、って思うんだよね。

 おっと、決して残雪や水仙の生き意地が張っていて醜い、ということけではないぞ・・・。



この記事のURL | flower | CM(2) | TB(0) | ▲ top
雨の休日
- 2017/04/27(Thu) -


 …グラスの底に顔があったって良いじゃないか・・・。

       by 芸術は爆発だ! の岡本太郎  1974年、キリンのウヰスキー、ロバート・ブラウンのCMでのセリフ。
                               実際に、底に顔のあるグラスをデザインしてプレゼントされた。









17042701.jpg


 ・・・ワンカップの中に柿の種があったって良いじゃないか・・・。

       by 休日は昼酒だぁ! のyasu-be   2017年4月26日、雨で展勝地へ行けず遠出もメンドクサイから、
                              近間の『やぎや』で昼酒・昼飯の一コマ。
                               知人と遭遇して気まずく無口になった心象風景が写し出されている。









17042602_2017042716113658e.jpg


 ・・・ワンタンの上にナルトがあればぐるぐるウレシーじゃないか・・・。

   by 『やぎや』はワンタンがベスト! のyasu-be   鳴門巻きは魚肉のすり身で、断面が渦巻模様のかまぼこの一種。
                                  なると巻きとも。略称はなると、ナルト。 鳴門海峡の渦潮にちなんで
                                  名付けられたといわれている( ウィキペディア)。



 ・・・しつこいしオモシロくない。
 ワンカップのハナシでやめておけばよかったが、ウナギが名物一押しの『やぎや』で、いまだに一度もウナギをオーダーできていない自分(末っ子に一度だけおごったことがあるが)の悔しさと情けなさ。今回も悲しやワンタンなのだが、酒を呑まなければウナギが食えるのも事実・・・。

この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夜桜見物
- 2017/04/26(Wed) -
17042606.jpg








17042601.jpg








17042604.jpg









17042602.jpg








17042603.jpg


 夜桜を見に行った。

 ・・・な、なにか・・・?

 呑んでから行ったからキツかった。
 呑まなきゃいいだけのハナシだが、つぶらな瞳には呑まなきゃ夜桜はきれいに見えないのだよ。

 例年立ち寄る、H枝ちゃんのお店へ。
 一年に一度しか会えないから、ロミオとジュリエットじゃなくってヒデとロザンナじゃなくってさくらと一郎いいえ世間に負けたじゃなくって、えっとそーだそーだ織姫と彦星みたいな感じだな。

 ・・・違うか・・・。


この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
父の命日
- 2017/04/25(Tue) -
17042501.jpg


 24日は、父の命日だった。







17042502.jpg


 祭りが大好きで、始まると店なんかほったらかしで。
 忌中の幕の外では、そんな父のために山車を止めて手古舞と木遣りのご披露をしてくれたっけ。
 それ以降、ずーっと20年以上も続いている。
 ありがたい、最大の供養だ。







17042511.jpg








17042503.jpg


 天気が良かったので、お墓参りの後に北上川対岸にある展勝地へ。
 ソメイヨシノは満開で、枝垂桜が始まっていた。







17042504.jpg








17042505.jpg








17042506.jpg


 鯉のぼりもウレシソーに泳いでいた。
 天気よければ、すべてよし。







17042507.jpg


 そして帰る道すがら、ウチの裏の帰帆場公園へ。







17042508.jpg








17042509.jpg









17042510.jpg


 まさかまさか、桜とチューリップと水仙とヤマブキと椿と、ここには出ていないが白木蓮とヒマラヤユキノシタとムスカリなんかが一緒に咲くのは、この30年近くで初めて見た。



 こんな花いっぱいの季節に墓にも花を盛ってもらって。
 そして祭囃子も聞いて。
 
 チキショ、決して冬には死なないぞ、って思った・・・。

この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
火防祭
- 2017/04/24(Mon) -
17042401.jpg








17042402.jpg








             17042403.jpg








             17042404.jpg








17042405.jpg








17042406.jpg








17042407.jpg








17042408.jpg


 この土・日、秋葉神社火防祭が行われた。
 今は書き入れ時なので、ともに午前中だけ写真係として参加した。







17042409.jpg


 きたかみ展勝地さくらまつりが開催中で、まさに今が満開!
 土・日と重なり、展勝地へ向かう車は大渋滞で、このように身動きできず。
 この先の北上川にかかる珊瑚橋の対岸が会場なので、アプローチが限られて例年この時期だけ見られる渋滞だ。
 山車は逆走なので顰蹙を買うこともなく、ヨユーの行進。
 少しは渋滞の退屈しのぎになったかもしれないね。







17042410.jpg


 陸橋の向こう側もこんな感じ。
 ここからなら、歩いて15分ほどで会場へたどり着くのに、ひたすらに一本道の渋滞で待つ車・・・。
 http://giant-store.jp/kitakami/bike/988/
この記事のURL | fiesta | CM(2) | TB(0) | ▲ top
新しいおもちゃ
- 2017/04/21(Fri) -
 スマホとやらのせいで、コンデジが全く売れなくなったそうだ。
 知っているとは思うが、コンデジとはコンパクトデジタルカメラのことだ。

 しかしまったく、スマホというのはロクでもないものだ。
 電車の中だと、ほぼ80%くらいのニンゲンがスマホの画面に見入り、あたかもその姿は新興宗教の教祖様を拝み見ている風情、あぁスマホ様ありがたやありがたや貴方がいなければワタクシは生きてはいけませぬ。
 満員電車の中で、吊革にすがって必死に斜めになって耐えているオレの背中にもたれかかってスマホでゲームしていたヤツ、あのバカ面は一生忘れないぞ。
 しかしあいつ、フェイントをかけて一回背中をずらしてみたらビクっとうろたえ倒れそうになったのだが、再び腹筋を使ってリカバーまたもや俺の背中にもたれかかってゲームを再開したのにはあきれる前に驚いたな。

 で、スマホのせいでコンデジが売れなくなったのなら、スマホなんか一生持たないぞと心に決めたオレは、その代わりにコンデジを持たなければならない、という究極の真理にたどり着いた、のだった。
 
 論理の飛躍はあるか?
 いやいや、ムリがあろうかなかろうが、そうだからそうなのだシカタナイのだ。
 人生は、すべてシカタナイことの連鎖で動いているのだから。

 で、物色。

 条件は、
①Nikonであること。なぜならCanonとRicohは事務機器メーカーだしSONYとPanasonicは家電メーカーだしCasioは電卓とG-shock屋だしFujiはその社名の通りFujifilmと化粧品屋さんだし、とにかくNikonが好きだしカメラが売れないと困っているのはNikonだから。
②後ろの液晶が動くこと。死ぬまでに一度でいいからスカートの中を撮ってみたい、とかいうんじゃあなくって、視点を変えた写真が撮りたいってことで(同じことじゃあねーか?)。
③ポケットに入ること。
④24mmスタートでできれば高倍率、チャンスを逃さないこと。
⑤真四角に写せること。

 さてさて、そんな条件に見合ったのが、これだ。
 Nikon COOLPIX A900。

 じつは単にプリンターのインクを買いに行ったときにK's電気で見つけ、衝動買いしただけなのだがジジイは後付けでも己の行動を正当化したがる。


17042101.jpg


 上着のポケットに入るコンパクトさで、24mmスタートの35倍ズーム、つまり840mmの望遠になるのじゃスンゲー!
 もちろん、チルト式液晶付きで真四角にも写せる。
 昨日のblogの四角い写真は、全部これで写したのだ。
 おっと、おとといの帰帆場公園もそうだったな。
 残念なのは、一眼レフの画角3:2が選べないことぐらいかな。
 4Kもついているぞ。
 しかし、4Kってなんだ?
 3Kなら知っているぞ、ブルーカラーのお仕事で、その労働環境・作業内容がきつい (Kitsui)、汚い (Kitanai) 、危険 (Kiken) っつーことで3K、4Kならさらに気持ち悪いー(Kimochiwari-)が加わるのであろうかこの小さなカメラのどこに。

 ともあれ、あぁ、これで「スマホを持たないニンゲンはコンデジを持たなければならない」という日本国民の義務を果たすことができためでたしめでたし。

 おっと待てよ、以前に赤いボディのNikon P510ってコンデジ持っていなかったっけ?
 夢中になってモズを大きく撮って喜んでいたあのカメラ、ぼデイは大きかったけれどあれもコンデジだよな。
 まったく最近見ていないし、どこへ行った?
 誰かにあげた?
 ひょっとしてもしかして、このA900も同じ道をたどる・・・?








17042102.jpg


 さてさて、角度を変えて860mmまでズームすると、こんなことに。
 こんな薄いボディの、どこにこんな長いのが入っていたんだろ。
 ニョキッと黒光りしてがっつりと長くて、先細りなのが惜しまれる、ってなんのこっちゃ・・・。

この記事のURL | camera | CM(2) | TB(0) | ▲ top
北上展勝地さくらまつり、4分咲き
- 2017/04/20(Thu) -
 昼酒は休日の日にしかできない(ま、営業中でもやろうと思えばできるのだが)から、たとえ満開に至っていないとしても歩いて展勝地へと向かったのであった。




17042001.jpg








17042002.jpg








17042003.jpg








17042004.jpg








17042005.jpg








17042006.jpg








17042007.jpg








17042008.jpg








17042009.jpg


 人出はパラパラ。
 その割に東南アジアとか中国系の言葉が飛び交うのは、なぜ?

 っつーか、北上は都会じゃあないし、普段はあんまり聞かないんですけれども。

 ま、桜はニッポン最強の観光アイテム。
 皆さん、展勝地へいらっしゃいな。

 この後、強風&鉛色の空&雨。

 ま、いい時間に写真撮れたな、って思えばいっか。

 四角い写真、タテイチだヨコイチだ考えなくっていいから、いいね・・・。
この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今朝、帰帆場公園近辺
- 2017/04/18(Tue) -
17041801.jpg


 朝のうちは雨。

 ・・・ま、まさかの枝垂桜開花。
 フツーの桜より早く咲くなんて、初めて見た。

 次第に晴れてきて11時ごろには青空が広り、小一時間ほどスナップ。

 






          17041802.jpg


 石垣下の水仙。







          17041803.jpg


 石垣上の白モクレン。







17041804.jpg








17041805.jpg








17041806.jpg








17041807.jpg


 桜も一部開花。







17041808.jpg








17041809.jpg








          17041810.jpg








          17041811.jpg


 枝垂桜。







17041812.jpg








17041813.jpg


 梅も競演。







17041814.jpg


 土筆(つくし)もスクスク。







17041815.jpg








17041816.jpg


  ヒマラヤ雪ノ下。







17041817.jpg


 ムスカリ。







          17041818.jpg


 椿。


 いつもよりも一気感、強し。

 困るな、小出しにできない・・・。
この記事のURL | flower | CM(2) | TB(0) | ▲ top
まだかいな、終わったんかいな
- 2017/04/12(Wed) -
 絶対に咲いていない、とわかっていても、10日から始まった『展勝地さくらまつり』へ行ってみた、休みだから。
 昼呑みするには休日しかない。
 酒呑みたいから、さあ歩いて行くぞと意気込んだのだが、猛烈な風。
 家のドアを開けた瞬間にドアが戻されるほどの冷たく激しい風に、すぐにくじけてクルマで行くことにした。

 案の定、さくらのさの字もくの字もらの字もない展勝地。
 が、出店は10日からの強制営業なので開いていて、いつも吞んだくれるH枝ちゃんのお店へ行って、吞めないけれどおつきあいで焼きそばとか買った。

 その後、隣接する『民俗村』へ。
 桜の季節についでに行くと、すでに終了している水芭蕉を見るためだ。


             17041201.jpg








             17041202.jpg








17041203.jpg








17041204.jpg


 なんじゃ。
 桜はまだなのに、水芭蕉は終わっていた。
 おまけにここは、水仙がまだつぼみ。

 難しいな、季節は気まぐれだな。

 っつーか、季節はニンゲンの休日とか思惑とか、そんなことお構いなしに推移していくんだべ・・・。
この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ