酒呑むヒマないけれど
- 2012/10/31(Wed) -
12103101.jpg

 と、とにかく、これが終わりさえすれば、少しはラクになりそうなんだが。

 明日はCharのコンサートだし、明後日はこの作品展の会議だし、土・日は東京で『CYCLE MODE』という展示会と山野楽器OB会のために上京しなきゃ無いし。
 来週は来週で、GIANTさんがGIANTコーナーを作りに打ち合わせに来るし、作品展用の写真をピックアップしなきゃあないし、プログラムも作んなきゃないし、企画コーナーの写真を1,000枚ほどプリントしなきゃあないし、会場作りもしなきゃないし。

 どしよ、時間ねーぞ。
 本業やってるヒマもないぞ。

 おっと、来年の歳祝いの事務局窓口だから、プレ案内のハガキも作んなきゃねーな。
 ややっ、OB会といえば、高校の吹奏楽部OB会主催のパーティも、12月9日に迫っているし。

 ・・・シカタネー、まず呑むとするか・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | daily | CM(0) | TB(0) | ▲ top
色づく
- 2012/10/30(Tue) -
 ♪まっちぃは色づく~のに~、逢いたい人っは来ぉなぁいぃ~~ by南沙織

12102901.jpg

12102902.jpg
 
 小学校と通学路の間にある金網フェンスに、レンズを突っ込んでパチリ。
 白い校舎と赤い花のコントラストが、キレイだったから。

 おっと、ヘンなオジサンだと通報されないうちに、退散退散。
 盗撮犯だと思われたら、それこそ赤っ恥だ。

 赤といえば、秋も深まってきて色づいてきたね。

 ・・・ん? サルビアって最初から赤いんだっけな・・・。

この記事のURL | daily | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋躑躅
- 2012/10/29(Mon) -
12102801.jpg

 27日の土曜日。
 去年もご報告したけれど、今年も裏庭に躑躅(ツツジ)が咲いたぞ。

12102802.jpg

 春のストック写真じゃあないよ。
 ほら、頭上には秋に結実する花梨の実。

 そして、秋の空に飛行機雲。
 ・・・ん、これは秋でなくても写せる感じだが、秋なの。

12102803.jpg

 さっそく、ジュリーのお墓に。
 ジュリーの犬小屋からも、見えていたはずのツツジだから。

 いいねぇ、山桜の落ち葉に芹田を背景に薄いピンク色のツツジ。

 しかしここは、日当たりがよすぎて雑草が多すぎ。
 刈っても刈っても、追いつかない・・・。

この記事のURL | flower | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遺伝子
- 2012/10/27(Sat) -
12102701.jpg

 木曜日、末っ子が函館から帰ってきた。
 ガキの頃所属した、なんたらかんたら現代舞踊研究所の何十周年記念イベントを日曜日に盛岡で見るためだ、と。
 したら昨日の金曜日、日帰りで幕張までコンサートを見に行くってバタクタ、結局は帰れず姉のところに泊まって今日の午前中に帰ってきた。

 元気だな、若いな。
 昔の、自分みたいだな。

 しかも、オヤジがアル中ハイマーだと、それを嫌った息子や娘は酒を呑まず、その酒を呑まない息子や娘の子どもが酒呑みになるという、隔世遺伝ってやつがあると聞いたことがあるけれど、ウチの三姉妹は全員酒呑み。

 いかったなぁ・・・。
この記事のURL | daily | CM(0) | TB(0) | ▲ top
霧の朝
- 2012/10/26(Fri) -
12102601.jpg

12102602.jpg

12102603.jpg

12102604.jpg

12102605.jpg

12102606.jpg

 今朝、今年初めて濃霧がたちこめた。
 一日の寒暖の差が激しくなってきたのだろう。
 これを繰り返して、紅葉がますます色づいてくる。

 しかし、このミニトマトはもう赤くならないだろうなぁ・・・。

この記事のURL | daily | CM(0) | TB(0) | ▲ top
F2.0
- 2012/10/25(Thu) -
12102306.jpg

12102307.jpg

12102308.jpg

12102309.jpg

12102310.jpg

12102311.jpg

 今主流の、解像力重視のカチカチよく写るレンズとは違う。
 ましてや、一昨日のコンデジP510のレンズとは違う、Ai Nikkor 35mm f/1.4S。
 開けるとトロ~ン、絞るとシャキっだが、すべてF2.0固定のマニュアルで。
 この、なんか昔っぽい色味と雰囲気。
 ま、事実、昔のレンズなのだが。

 たまに、無性にこのレンズが使いたくなる。
 で、お蕎麦屋さんへ行ってみた。

 ・・・ウソついてました、蕎麦屋で酒が呑みたかっただけで、たまたまこのレンズがD40についていましたとさ・・・。
この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
はやっ
- 2012/10/24(Wed) -
 先週の金曜日は、こんなのの撮影をしていた。

12102301.jpg

12102302.jpg

12102303.jpg

12102304.jpg

 はやっ。

 まだ、夏バテも抜けていない感じなのに。

 さて、チラシとかの撮影や制作を請け負うのは今年ですべて終わりとしよう。

 来年は節目の年だから、ダラダラと過去を続けないで、時間を先取りしないで、ゆっくりと新しいことにチャレンジするんだ、ダメか・・・?
この記事のURL | food | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コーフン
- 2012/10/23(Tue) -
12102001.jpg

12102002.jpg

12102003.jpg

12102004.jpg

12102005.jpg

12102006.jpg

12101805.jpg

 昔は、スカートやパンツが透けているとコーフンした。
 今でも比較的好きな方だが、葉っぱが透けているのにかなりコーフンする様になった。

 終わりだな、ジジイだな。

 でも、いわゆるヒヒジジイではないな、あぁよかった・・・。


 PS. ま、コンデジP510の逆光性能はこんなものかと。しかし、今年の市街地の紅葉は、あんまり期待できない感じ。夏の暑さが酷すぎたのかしらん・・・。
この記事のURL | daily | CM(0) | TB(0) | ▲ top
岩手県高校ラグビー決勝
- 2012/10/22(Mon) -
12202201.jpg

 昨日の日曜日、午後2時から快晴だが横殴りの強風のもと、『第92回全国高校ラグビーフットボール大会岩手県大会』の決勝戦が盛岡南公園球技場で開催された。
 花園への出場権をかけるこの一戦は、なんとなんと38年ぶりのわが北上勢どうしの対決。
 4年連続27回目の花園出場を目指す名門『岩手県立赤ベコ黒沢尻工業高校」とわが母校、7年ぶり3度目の花園を目指す『岩手県立黒沢尻北高等学校』の対戦だった。
 北上どうしの対戦というだけでもウレシかったが、チームカラーも真逆、ボールを回して展開するオープン攻撃が持ち味の黒北に対して、伝統の『赤ベコ』フォワードでグイグイ押し込むスタイルの黒工。かつて自分が在籍していた当時の、早稲田VS明治と似たような対戦スタイルなので、ワクワクドキドキの試合なのであった。
 ジャージは両校とも黒と赤の横縞ストライプで、紛らわしいのでどちらもセカンドジャージ。赤ベコ黒工は赤だったが、黒北はイエロージャージで登場した。

12202202.jpg

 黒北、伝統のバンカラ応援団。長髪、破帽、手ぬぐい、はかま、そして裸足に下駄・・・。
 7年前の花園での応援風景はこちら、2分15秒過ぎぐらいから。

12202203.jpg

 試合は、ロースコアでまさに一進一退の手に汗を握る一戦。
 モールで2トライを挙げたように、フォワード戦で圧倒した赤ベコ黒工が、低くタイトなモールを組んで10メートル以上も押し込む場面も再三あって、ボールを支配する時間は黒工が圧倒した。
 しかし、お互い2トライ1ゴールの12対12での後半ロスタイム、ワンチャンスで展開ラグビーを仕掛けたわが黒北がゴール正面からのドロップゴールを決めてそのままホイッスル、ノーサイド。まさに劇的な、3点差での花園出場を果たした。
 終わってみれば、黒北は勝負には負けたが試合には勝った、って感じ・・・?
 赤ベコ黒工フォワードががモールで押し込んでいたときにバックスが4人余っていて、黒北のディフェンスが2人しかいない、なんて場面が再三あったから、フォワード勝負にこだわらずに黒工が球を回していたら結果は大きく違っていたかも。
 でも、黒工は自分たちのスタイルに徹底的にこだわった結果だから、ま、いいか。

 いずれにせよ、どちらも勝たせたかった、名勝負。
 こんなドキドキの試合は、初めての経験だった。
 盛岡に集まった、ほぼ3,000人もの北上市民も、この名勝負に酔いしれた。

 できれば北上選抜チームとして、両校から花園に行って欲しい、みたいな。

 しかし、勝負の世界は残酷だな、準優勝ならオリンピックなら銀メダルなワケで十分に誇れる成績なのに、試合後に整列すると、勝者と敗者の差がクッキリ。一方はこれから憧れの全国大会の花園で、もう一方はこの試合で引退・・・。
 
 そして後で振り返れば、試合中の写真がほとんど無かった。
 高校生の試合は、30分ハーフと短いこともあるが、まったく目が離せない展開で、写真を撮ることなど忘れさせてしまったのだった。

12202206.jpg

 試合直後の黒北フィフティーンとメンバーたち。
 7年ぶり、という執念が、4年連続という目標よりもやや上回ったのか。「執念」と「目標」の差が、わずか3点という数字につながったような試合だった。

12202204.jpg

 優勝旗を抱えて、応援席へ感謝のダッシュ!

12202205.jpg

 歓喜の、バンザ~~~イ!!!

 あぁ、スポーツはいいなぁ、ラグビーは、ホントおもしろいなぁ・・・。
この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
寒いの、朝は。
- 2012/10/20(Sat) -
12101806.jpg

 確かちょっと前までは、ひたすらに日陰日陰を求めてお散歩していたのだが、今ではこうして陽の当たる場所を選んでいる。
 陰も、薄くなってきたね。

 昨日、山沿いにミゾレが降ったとか・・・。
この記事のURL | daily | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ