2011 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2011 10
安全よりも、商売優先コストダウン
- 2011/09/30(Fri) -
11093001.jpg

 自転車のサドル部分。
 左上が一般的な自転車で、シートピラーとサドルのレールの部分をこうして13㎜のナットで両側から固定する。
 右上がスポーツ車のタイプで、軽量化のための配慮がなされ、だいたいが6角レンチで固定する。
 そして、左下が、幼児車・子供車のサドル。サドルにはレールがなく,直接シートピラーがサドルに固定される。
 子供車とはいえ、タイヤは2つ必要だしハンドルもチェーンもライトもブレーキも必要。大人車との違いは材料の多少だけなのに子供車は高くては売れない。こうして部品を減らすことによりコストダウンができるが、それ以外の理由として、右下の写真のようにサドルを目一杯下げられるというメリットもある。レールがあるとここまでは下げられない。どんどん成長する子どものために、親はできるだけ大きい自転車を買いたいと願う、買い換えを少なくするために。で、サドルが下がれば下がるほど足つき性がよくなるから、このタイプのサドルのメリットがある。

11093002.jpg

 さて。
 とある日に、「お宅で買った自転車じゃあないけど、サドルがグラグラするから見ていただけませんか?」とおかあさんが子供自転車を持ってやって来た。別にウチで売った物ではなくても喜んで見てあげる、お金をいただくから。ウチで買っていただいたものならサービスでもね。
 しかし、すごいサビだなぁ。

11093003_20110930135315.jpg

 で、裏側を見てみたらギョギョギョのギョ~~~!
 プラスティックのベースに、金属棒を突き刺しただけの構造だったのだ、初めて見た。
 突き刺した部分がプラスティックで柔らかいから、割れてグラグラしたんだね、当たり前のことだ、な。

11093004.jpg

 右が、ブリヂストンとかミヤタとかの子供車のサドル。
 その差歴然、一目瞭然。
 一般の人は、サドルの裏とかタイヤの中とかチェックしないしね。
 これぞ、コストダウンのコストダウン。
 それを、安い安いと喜んで買う人たち。
 結果サドル交換で、結局は高いお買いもの。

 昔々、ワケのわからないブランドの安物で、シートピラーがなくてフレームに直接サドルが固定された子供車もあったなぁ。「お宅で買ったんじゃないけど、子どもが大きくなったからサドルをあげていただけます?」といらっしゃったので、どれどれと見てみたら1㎜たりとも上がらないの、フレーム固定式だから。ハンドルの回転する部分にベアリングが入ってない、なんてのもあったなぁ。

11093005.jpg

 しかし、走行中にナニかのはずみでサドルが外れて、この先のとがった凶器のような金属棒がケツに突き刺さったらどうするんだろう。

 安かったから・・、と諦めるのかしらね~~・・・。

 自転車は、最低限修理をやっているお店で買いましょう。
 売りっぱなしではなくて修理もやるお店は、こんな商品にはこわくて手を出しませんよ、多分・・・。

スポンサーサイト
この記事のURL | bike | CM(2) | TB(0) | ▲ top
28会 #夕刊
- 2011/09/29(Thu) -
オレ、昨日更新してるじゃん。
誰も待っていないのに、#速報! なんて大げさな、まるで裁判所で逆転勝訴が出て「無罪」って大きな紙を持って走ってくる支援者みたいだな。

 なんもおぼえてねー。

11092901.jpg

11092902.jpg

11092903.jpg

11092904.jpg

11092905.jpg

11092906.jpg

 と、とにかく今の季節、美味しいからってうかつに「いもの子汁」をオツマミとして食っちゃうと、お腹が苦しくなって酒が呑めなくなっちゃうんだよね、ちらし寿司とかもあったりして。

 おっと、これは店長の作戦かな・・・?

 いやいや、覚えていないフリをして、ひとつのネタで2日更新するズルイ作戦よりは数段マシだって・・・。


この記事のURL | food | CM(0) | TB(0) | ▲ top
28会 #速報
- 2011/09/28(Wed) -
11092801.jpg

 今日は28日で「28会」だった。
 今、帰ってきた。
 わが主治医で同級生のA医院のA先生も、久し振りにゲストとして顔を出した。
 自分の病院を毎週水曜日にお休みにして、沿岸の被災地である大槌に行って診療している。
 その帰りに立ち寄ってくれた。
 先週は、日月水金とお休みだったから、木曜日には午前中だけで120名もの患者さんが来ててんてこ舞いだったって。
 
 医者だから金持ちに思われるからなのだろうか、いつも気を使って酒の差し入れをしてくれる。
 もらい物だといいながら、今日はこの2本だった。
 ありがたく頂戴した。
 オレは診療ができないどころか差し入れもできない。

 お医者さんって、なんかタイヘンだね・・・。
この記事のURL | daily | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いもの子会
- 2011/09/26(Mon) -
 22日(木)・・・地元12区の秋の恒例行事「趣味の作品展」の担当役員なので区長はじめ関係者5人で17時よりわがVIPルームにて真剣打ち合わせその後恒例のおっとっと一杯をしているさなか仕事帰りのSOUL RIDER宴会部長がご来店雰囲気を察知して当然そのままスゴスゴ帰るかと思われたがなんとナントお店で呑み始めたご主人様がいないにもかかわらずだよなんてヤツだと思ったがその後関係者はご高齢であるので19時30分頃には帰られシカタナク宴会部長と2次会鯨飲。

 23日(金)・・・夕刻SOUL RIDER副総裁がご来店あそばしたが自分は角野卓三似の同級生S氏のボロい15年落ちのマウンテンバイクの修理でパニクっていたからビールでも呑んで待ってもらっていたらそのまま宴会モード突入宴会部長ともハナシがしたいということだったがまさか昨夜死ぬほど呑んだばかりだから来ないだろうと思ったが10分後に尻尾を振ってご来店そのまま痛飲服着たまま寝る。

 24日(土)・・・東京よりB社の営業K氏来店商談後歩いて5分のところにあるホテルに泊まるのにメシも食わせないでじゃあまたねサヨナラでもないから一席設けることにしたがまさか2日連続で鯨飲痛飲したばかりなので来ないと思った宴会部長が昼に法事で酒を呑んだ勢いで再度尻尾を振ってよだれを流しうつろな目でご来店さすがは栄光のチームSOUL RIDER宴会部長っ!! 翌日の午前にニューモデルのロードレーサーの試乗会が予定されていたから早く帰ると思ったが終了は23時30分不覚にも宴会途中に居眠りまたしても服を着たまま寝て連日の朝風呂三昧・・・。

 こんなヘビーな3連ちゃんをこなして、もう酒はいいやと思わなかった昨日は、昼から町内会の「いもの子会」だったとさ・・・。

             11092601.jpg

 メンバーは、毎度お馴染みのヒトたち・・・。

11092602.jpg

 お刺身が干物になりそうな勢いの、ドッピーカンのお天気だった。
 もちろん、ストロボもレフ板も要らず・・・。

11092603.jpg

 「だ、だから、雲がキレイだと言ってるじゃあないかいっ!」
 「は、はい・・・」

11092604.jpg

 意外とゴージャスなオツマミでしょ?
 これで、会費は500円・・・。

11092610.jpg

11092611.jpg

11092612.jpg

11092613.jpg

 この2人オモチロイ、フォトジェニック。
 どっちでもいい、こんなジイさんになりたいなぁ。
 こんな時、D5100のクルクル回る背面液晶が欲しいなぁとツクズク思った。 この中の3枚は、カメラを地面にに置いて斜め上に向けてパシャっした当てずっぽうのフレーミングだから・・・。


11092606.jpg

 この後、ご飯の表面がパサパサカリカリになる、日射しが強すぎて・・・。

11092607.jpg

 なんでこんなに広い帰帆場公園なのに、直射日光の当たるど真ん中で宴会をやるの、ほかにいくらでも場所があるべな、てかっ?

11092608.jpg

 あのね、木陰はヤバイの。
 ほら、桜の木の葉は紅葉の前に食い散らかされてほぼ壊滅。
 梅雨が短くて夏の猛暑のせいで、アメリカシロヒトリという毛虫が異常発生して、市内の桜、桐、柿、バラなどの木々の葉は軒並み食い荒らされた。日本桜の名所100選の展勝地の桜並木も無残な状態になっている。

11092609.jpg

 いたいた、コイツだ。
 こいつらが何百何千と葉っぱの裏にたかって、葉を食い荒らすのだ。
 最近は、朝夕涼しくなってきたからひと頃の勢いがないが、そのせいか、イキナシぽたっと落ちてきたりするのである。噛んだり差したりしないからニンゲンには無害だがキモチワルイ。

 酔っぱらった勢いで、「みんなとっつかまえて、煮て食おうか」と提案したが、あのなんでも食うカラスさえ見向きもしない毛虫なのだそうだ。

 あれ? いもの子会のハナシが毛虫のハナシになってしまって収拾がつかなくなってしまった。
 カンジンのいもの子の写真も撮り忘れたし。

 ヤバイ、やっぱ呑み過ぎでしょ・・・?
この記事のURL | holiday | CM(4) | TB(0) | ▲ top
チャリガール・・・?
- 2011/09/24(Sat) -
11092401.jpg

 自転車業界は、早くも2012年モデルの出荷が始まったが、これは昨日入荷したGIANT Anthem X1 Wというモデル。
 クロスカントリー用に、ペダリングロスを最小限に抑えた前後サスペンションと油圧ディスクブレーキを標準装備するマウンテンバイクだ。
 これで、重量は12㎏台で、ひと頃のハードテイルよりも軽量に仕上がっているのが時代だね。
 そして、このスペックでお値段178,500円ってのも時代を感じさせる。
 9万円のフロントサスペンションをやっと手に入れて、感涙にむせんでいたのはいつの頃だ誰のことだ?

 そしてじつは、このバイクは女性用。
 GIANTが今年から手がける、「Liv/giant」という女性にターゲットを絞ったバイクシリーズの一台なのだ。
 しかも、ただ単にカラーリングとかを女性向けにしたとかではなく、フレームのジオメトリーも変更して女性に最適形状になるようにしてある。「Liv/giant」専用のカタログも用意されるほどの力の入れ用だから、その意気込みが伝わる。

 山ガール、釣りガールに続いて、次はチャリガール・・・?
 むさ苦しい男はもういいから、美しいチャリガールよ、キミタチでこの薄汚い店を彩ってくれ~~~・・・!

この記事のURL | bike | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋分の日
- 2011/09/23(Fri) -
11092301.jpg

 朝一でお墓参りに行った。
 遅い夏休みが20日に終わった長女は、その日帰京する前に一足先にお墓参りをしたが、その時供えたお花があの台風15号の激しい風雨にも負けずにキレイに残っていた。

 そんな些細なことが、なぜかウレシイ朝だった・・・。
この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
思い出のワカメうどん
- 2011/09/22(Thu) -
11092201.jpg

 酔っぱらってチョーシわりぃ朝、コイツが朝メシに出てくるとウレシイ。

 ソバじゃあダメなの、細すぎてまとわりついてむせる感じで。
 エビ天とかかき揚げもダメダメ、高そうで豪華に見えるけどアブラギッシュでウェっとしてもたれるから。

 うどんを噛むか噛まないかぐらいの案配でツルンと呑み込んで熱いおつゆをズルズル、そこにこのワカメの塩味カミカミがちょーどいいのよ。

 昔々、まだ独身で山野楽器に勤めていた頃、今より10倍以上酒が呑めたから、いつも午前中は酔っぱらっていた。
 会社というところは、酔っぱらっていてもタイムカードさえ押せばこっちの勝ち、会社の負け、と思っていた。
 ある意味、無敵だった。
 ある意味、平和な時代だった。
 で、すぐそばに「吉そば」という立ち食いそば屋があって、お昼になるとよくこれを食べていた。
 立ち食いそば屋の中でも安い方のメニューで頼みにくかったが、カラダがこれを欲していたのだ。
 立ち食いそば屋で常連になるってのも恥ずかしいもんだが、ここのオヤジはオレが行くと、「おー、また来たか、カネねーのか」と歓待(?)してくれた。このオヤジ、自分の職業に自信も誇りもないから、自分のお店に来る客はビンボー人だけと決めつけているようだった。
 ま、当たってるか。
 「あー時間がない忙しい、シカタナイ今日の昼も立ち食いそばだぁ」なんて言いながら、じつはカネがなかったという方が正しかったからね。
 昼は2百なんぼのこんなメシを2分ぐらいで食ってて、夜に呑みに行って一人4,000円位で済むと、「おー、この店は安いな、また来よう♪」なんて盛り上がって終電で帰る、みたいな不思議な金銭感覚の毎日だった。

 でも、この魔法のワカメうどんを食べると、やっと午後からやる気が出てきて、さてさて今晩はどこで誰とナニを呑もうかな、と真剣に考える力がみなぎってくるのであったよ。リポビタンDより、数倍有効であった。

 そんなことを思い出しながらの、今朝のワカメうどん。
 しかしオレ、なんでこんな30数年も前のクダラナイことしっかりと覚えているんだ、昨日ナニ食った?

 いくら、①まるで役に立たない ②全然ためにならない ③見るだけ時間のムダの3要素がギッシリ!!  あ~あ、アンタもヒマねぇ・・・なブログでも、ねぇ・・・。

 
この記事のURL | food | CM(2) | TB(0) | ▲ top
秋、到来。
- 2011/09/21(Wed) -
 味覚の秋、到来。
 北上の秋の名産、二子(ふたご)のいもの子が出回ってきた。

11092101.jpg

 こうして、いもの子汁にしていただくのが、一番美味しい。
 ウチでは、鳥出汁に大根・にんじん・ゴボウ・キノコ・お豆腐・そして糸コンニャクを入れて食べます。
 豚肉の場合は味噌仕立てだね。
 その辺の居酒屋さんでも、「二子のいもの子汁始めました」って張り紙を出すぐらいで、おつまみにも呑んだあとの〆にもグッド。

11092102.jpg

 お煮つけにも二子のいもの子。

11092103.jpg

 ズボとこの辺では呼ばれる、売り物にならないような小芋を好むヒトも多い。
 こうして唐揚げにしたり、茹でてそのまま大根おろしと醤油で食べたりする。
 酒のオツマミに最適。

11092104.jpg

 シンプルに、いもだけの煮っ転がし関東風。
 これも、オツマミだな。

 以上、北上の秋の味覚、二子のいもの子のご紹介でした。

 しかし、やけに雨降るしどーしたんだべと思ったら、台風が来てるじゃん。
 やべ~、テレビ見ないから今まで気がつかなかった。
 関東直撃で山手線が止まってるって?
 なになに真夜中には仙台?
 ぎょぎょぎょ。

 これは秋の味覚どころのハナシじゃあないし。

 秋は台風の季節でもあるのだな。
 今年は、3・11以来、やけに大自然様とやらに痛めつけられているニッポンの様な気がするが気のせいか?

 さあ、コワイから早めに酔っぱらって寝てしまうとするか。

 あたしゃぁ、大自然の力の前には、まったくの無力ですから・・・。
この記事のURL | food | CM(2) | TB(0) | ▲ top
華の敬老会
- 2011/09/20(Tue) -
 昨日は、地区の敬老会だった。
 いつもの通り写真係だったが、市からの予算半減でカネはねーぞの無料奉仕だった。
 高齢化社会というのは地方の方がすごくて、人口10万人に欠けるこの北上市に1万4千人ほどの75歳以上の方がいらっしゃる。
 わが12区にも131名の75歳以上の方がいらっしゃって、男性が33名で女性が98名だと。
 オナゴが男の3倍じゃな・・・。
 なぜに75歳以上かというと、ご老人が多すぎて75歳からしか敬老会に出られないのだ。ちょっと前までは70歳以上だったのにね。
 そうすると将来、自分が敬老会出席資格を得るのは90歳以上とか?
 ま、オレ、とっくに死んでるし・・・。

 しかし、敬老会の撮影はムズカシイ。
 自分は技術で撮るカメラマンではなく、あっこれキレイだとか、おっといい陰影だとかの感覚優先だから、ジイさんバアさんに大挙して集まられてもどーしていいかわからなくなる。

11092001.jpg

 で、比較的フォトジェニックなアトラクションの一枚を掲載。「フラガール」のヒット以来、地方にもフラ同好会がたくさん増えたのじゃよ。

11092002.jpg

 しかして接近してみれば、「フラガール」というよりは「フラおばさん(失礼!)」。

 センターにいるのが自分の同級生のヨーコちゃん。すでに、ちゃん付けで呼ばれる年ではないが、おれだってやっちゃんと呼ばれることがあるし。
 そしてそして、ヨーコちゃんの左隣にいるのが、同級生のヤスシの5歳上のオネーさんであるデコちゃん。
 つまり、還暦とやらを過ぎているのにまだまだ敬老会には呼ばれないで、こうしてご老人達を楽しませている。

11092003.jpg

 朝の8時半から準備したこの敬老会は、10時にスタートして12時半頃に無事終了。

 その後、「スタッフ」がこうして後片付けをしたあとに「ご苦労さん会」。
 なぬ? これこそ敬老会の絵に見えるってか。
 いやいや失礼な、これぞ正真正銘の「スタッフ」。
 これがいわゆる「老々介護」っていうヤツの現実?
 も、もちろん敢えて言うまでもないが、この中でワタクシは一番若い、ぞっ。
 おっと、最年少で「スタッフ」ってことは、将来のこの地区の幹部候補生かしらん・・・?
 いいやそんなの、こっちから願い下げだい。

 ・・・さて、お店が休みでなかったから、ビール1杯だけご馳走になって帰ろうとしたら、

 「ミセッコナンカカッチャサマガセデマズイガラコッチャキテノメっ!」

 邦訳: 「お店なんか奥さんに任せて、まずいいからこっちへ来て呑もうよ」

 「カッチャイレバダイジョーブダオメナンカイネホイジャ」

 邦訳: 「奥さんがいればいれば大丈夫、あんたなんかいないほうがいいよ」

  ・・・てなことの繰り返しで、結局解放されたのが15時近く。

 日本酒も呑んでしまい、結局仕事にならずムニョニョ・・・。

この記事のURL | daily | CM(0) | TB(0) | ▲ top
周辺光量落ち?
- 2011/09/19(Mon) -
             11091802.jpg

 最近、こんな天気ばっかり続くね。
 どん曇りで、ジメジメ。
 まるで、周辺光量落ちみたいな空・・・。

 おっと、マジにこれは周辺光量落ちかも。
 これは、D40のキットレンズに代わって活躍中のTAMRON SP AF17-50mm F/2.8XRという、今年の1月16日に東京へ行った際にヨドバシで衝動的に超特価で買った旧型レンズ。キットレンズより重くて大きいけれど、安くてもF2.8通しで27㎝まで寄れるってのはやはり魅力で、今月初めの東京行きも、このレンズをつけっぱだった。明るくて寄れると、なんたって夜にオツマミを撮るのに重宝する。ワイド側が16㎜だったら最高だったな、APS-C換算で24㎜という一番大好きな画角だから。

 で、絞り開放で撮ったら、こんな感じに。
 ま、これはこれでいいんでねーの?

 ちゃんとこの日の空気感が写ったような気がする・・・。
この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ