開けたら閉めろっ!
- 2010/08/31(Tue) -
10083101.jpg

 もう、カンニンしてや、ってな感じ?
 画面を縦半分に切れば、右が快晴でピッカピカ左が大雨注意報ゴ~ロゴロってなもんや三度笠。

 で、この後やっぱピカピカド~~ンで、その辺にカミナリ様が落っこちたみたい。
 みたいってのは、バキバキバキ~~ンて音したからそう思うんだけれど、いちいち調べたって落ちちゃったものは落ちちゃったんだし暑いし。

 もうね、エアコンなし生活50数年を続けていると、お天道様のご機嫌を伺いながら日々を過ごす習慣が身についているわけジッと手を見る。
 ま、カンタンに言うと、晴れたら窓を開けるし雨降りそうだと閉める日照りの夏はオロオロ歩き。

 特に今どきは、昼には30℃オーバーだけれども、油断すると朝晩は22℃とかで風邪引いちゃうから寝る前に窓閉めちゃうのね。

 で、今日は朝起きてから窓開け作業、2階もあるからけっこう大変なんだよ。
 そしておやっ? まだ晩酌時間には早いのにお外がやけに暗くなってきた、っとなれば窓閉め作業、もちろん2階も。

 それを今日は、ヤレヤレブツクサブツクサしながら繰り返していたら、それだけで歩数計1万歩達成!
 ま、それはそれでいいんだが、今日は窓の開け閉めだけでお客様来たっけ?

 あぁ、サラリーマンはいいよなぁ、勤務時間中なら窓の開け閉めだけでカネもらえる。

 ・・・ん、待てよ、今どきエアコンのない職場とかないから、窓の開け閉めもない?
 しかも、サラリーマンじゃあないからこんな些細なこともネタにできるからいいべ、ってか・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | daily | CM(4) | TB(0) | ▲ top
商売道具
- 2010/08/30(Mon) -
10083001.jpg

 美容師をやっている、次女の商売道具一式。
 本革のホルダーに入って、カッコいい。

 休みで帰ってくるのに、いつもこの商売道具を持ってきて、髪を切ってくれる。
 いいって言っても、頑固に持ってくる。
 あぁ、いつまでも髪の毛がありますように。

 しかし、この道具だけで東京で勝負して生活しているんだな。
 これぞ武士の懐刀、・・・っつーたらおおげさか。

 でも、すごいぞよっちゃん、ガンバレ・・・。
この記事のURL | daily | CM(8) | TB(0) | ▲ top
29日は「28会」!
- 2010/08/29(Sun) -
 あぁ、29日はココロもカラダも休まる。
 いつもは30分位はかかるブログが、ほぼ15分くらいで終了! だからね。

 で、「28会」。「渡来」での2010年8月のお料理をズラズラ、っとどーぞ・・・。

イカとワカメのぬた
10082901.jpg

いつもの山かけ茶そば風だが、暑い日々は卵なしのサマースペシャル
10082902.jpg

夕顔、カニ、なめこに出汁がんがんゼラチンソースがけ、絶品!!!!
10082903.jpg

酢豚を一人前ずつ
10082904.jpg

小アジ、カボチャ、レンコンのフライにジャガイモベーコン、ししとうを彩りお飾りに
10082905.jpg

真ん中にカツオ、まわりにイワシ、外側に秋刀魚の刺身盛り、これだけでいいっ!!
10082906.jpg

もう食えねーよの、マスター特製水餃子、でも食ってしまったデブ進行中
10082907.jpg

 またまたまたまた、やっちまったなぁ、ごちそうさまで~~~す・・・。
10082908.jpg

 けれど、レンズ間違えてさぁ。
 Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-EDってレンズで、最短30㎝で小さな器はここまでが限度。
 10年以上前のフィルムカメラ時代に買ったレンズだけど、このデジタル時代にまだ売ってるのねNIkon様では、カタログにも載っているし。
 いいレンズなのかしら。
 ズーム比が2倍ぐらいしかなくて、ムリしてないからかも。
 でも、今の価格は88,600円。

 誰も買わないよね、あるからなんとか使ってみようとかは思うけれど・・・。
この記事のURL | food | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Buー子先生
- 2010/08/28(Sat) -
10082801.jpg

 すでに気温は30℃近かったんではないだろうか。
 ジュリーとの散歩を終えて、追加でブラブラして帰ろうとしていた今日の9時頃。
 川風の涼を求めて北上川方面を選択して、熱中症予防のためにローソンで買った挽き立ててアイスコーヒー180円也を呑みながら歩いていたら、この光景に出くわしたのだった。

 な、なんと、母校の中学の運動会がもう始まっていたのだった。
 今まさに、徒競走のまっ最中。
 末っ子が4年前に卒業して今ではまったくこの中学とは縁が無いので、やたらと懐かしい気持ちになった。
 長女が1年生の時の運動会も確か9月1日だったけど、こんな酷い暑い日だったな、みたいな。

 本日の予想最高気温は33度。だから、ガンバレという気持ちより、やれやれカワイソウにこんな日に・・・、というのが正直なキモチだった。

 最近では、関係者でもないのにカメラぶら下げて撮っていると、すぐに「盗撮」という有り難くないレッテルを貼られる風潮らしいから、そそくさに3,4枚パチリして退散しようとした。
 そしたら、入退場のゲート付近で両手を大きく上で振りながら満面の笑顔でこちらを見て呼びかけている女性がいた。
 誰だろう、うちのお客さんかな? と思ったが、しばらくして末っ子が3年の時の吹奏楽部顧問であったU子先生だと気がついた。

 当時、吹奏楽部父母会の会々長みたいなことを押しつけられていたから、覚えていてくれたのかな。
 まだまだこの学校に、自分たちの痕跡が残っていたんだね。
 朝から、なんとなくうれしくなった。
 何度も何度もお辞儀をしてその場を去った。

 でもホント、最初は誰だかわからなかったな。
 中学校の校舎は、末っ子がいたときもそのずっと昔に自分がいたときも、変わらずに白く朝の陽光の中に輝いていたけれど、U子先生は当時よりかなり太っていたもの。

 しーっ、ここだけのハナシだよ・・・。
この記事のURL | daily | CM(5) | TB(0) | ▲ top
酷暑のスキヤキ
- 2010/08/27(Fri) -
10082607.jpg

10082608.jpg

10082609.jpg

 お盆に帰って来られなかった次女のよっちゃんが、やっと帰ってきた。
 開口一番、「なにこの暑さ、東京と同じじゃん」だった。
 まさに、東京と同じ暑さの日だった。

「夜はよっちゃんの好きなもの食べよう、どっかのお店に行く? それともうちで食べる?」と聞いたら、うちで食べると即答。外よりも、母親の手料理が食べたいんだね。 
 じゃあなににしようか、と聞いたら、これまた即答で「親子丼!」だったが、もっとなんかふだん食べられないものにしようと提案したら、「スキヤキ!」だとさ。

 もう、このクソ暑い日にスキヤキ?
 ・・・上等じゃあねーか。

 しかし、スキヤキなんてずいぶんと久し振りだった。
 鍋を囲むってのは、やはり4人とか5人ぐらいいてワイワイするのが楽しいんだが、末っ子がいなくなってからスキヤキどころか寄せ鍋のよの字も出てこないし、もう少し庶民的で安価な湯豆腐すら候補にあがらない。その以前からも部活とかで末っ子の帰宅時間が遅くて、いっしょに鍋なんてことが少なかったし。最近では、晩酌しながらオツマミつまんでオシマイ、みたいな毎晩。知らず知らず、家族構成で食うものも変わっていくんだね。

 久し振りに出した鉄鍋には、うっすらとサビが浮いていた。
 カセットコンロのガスボンベを、どこにしまったかも忘れていた。

 でも、暑い中を汗をかきかき食べた久し振りのスキヤキは、昔の味がした・・・。
この記事のURL | daily | CM(8) | TB(0) | ▲ top
小市民の居酒屋
- 2010/08/26(Thu) -
10082601.jpg

 むむっ、どこぞやでこれに似た画像がお先にアップされてしまったが、違うアプローチで行くってことで。

 えっと、とある居酒屋で、トリアエズビールを呑んだあと、さてナニにしよっかとメニューと睨めっこ。そこで見つけたのが、この「銘酒利き酒セット」安いぞ500円也で、もう一つは梅酒サワーをオーダーした。
 20日ほど前に来たときには、新米でぎこちなかった接客係の女性もすっかり慣れたみたいで、てきぱきと「はい、利き酒セットひとつに梅酒サワーひとつですね、かしこまりました、ありがとうございます!」と明るく応対してくれた。

 ほどなくして、「おまたせいたしました」といって飲み物を持って来たその女性は、何のためらいもなく自分の対面に座るツレ殿の方に「銘酒利き酒セット」を置き、自分の方に梅酒サワーを置こうとした。

 間髪を入れずに、「ふつー、逆だよね」と言ったら、女性は一瞬しまった間違えちゃったかしら、みたいな表情に変わったが、質問のホントの意味をすぐに理解したみたいで、「そんなことありませんよ、いっぱいいっぱい呑んでいってくださいね」と言って、礼をしながら笑顔でその場を外した。

 とってもか些細なことだけど、その後はとてもキモチよい時間を過ごせた・・・

 商売で疲れた心と体を癒すには(ま、ほとんど仕事してないが)、マニュアル棒読みエセ笑い的なお店でカネは使いたくないし、さりとてあまりにも近い関係で、どっちが客かわからなくなるようなディープなお店も疲れる。このお店はその中間で、いわば付かず離れず、ホント居心地がいい・・・。

10082602.jpg

 おっと待てよ、レーセーに考えてみれば、オレの方が酒弱そうに見えたってこと?
 それとも、ツレ殿の方に酒のパワーを感じたってこと?

 ゆ、ゆるせん、酒はオレの方が強いっ! っつーことで、ほら、すごいだろの一気呑みだいっ!

 ・・・や、やっぱ、ジュースだなこれは・・・。

 
この記事のURL | daily | CM(4) | TB(0) | ▲ top
凹んだ簗場のハナシ
- 2010/08/25(Wed) -
  一昨日にご紹介した、たまに熊とふれあえる「和賀川ふれあい広場」にはアユの簗場がある。
 そしてその簗場には、そこでとっ捕まえたアユを食わせてくれる食堂が隣接している。
 その時、まだお昼時間には早かったが、あまりの暑さに一服することにして、その食堂に入ったのねシカタナイ。
 まずは、トリアエズビールとビールトイエバギョーザを頼んで、イワナの塩焼きがあることを壁に発見してそれも追加オーダーしたのさ。
 なぬ、アユの簗場に行って、ギョーザにイワナとはなにごとぞ、とな?

 いいじゃん別に、蕎麦屋のラーメンが美味しいこともあるし・・・。 

10082501aaa.jpg

 さて、世間様は異常気象だあまりの酷暑だなのに、ここは春がきたばかりだった。
 しかも、1996年の春で時間が止まったみたい。
 このグラス、14年も使っているんだね。
 ま、まさかビールも14年物のビンテージじゃああるまいて、生ビールって書いてあったし・・・。

10082502.jpg

 ギョーザ登場。
 んと、二人前で一人前400円だけど、少しばかり数が多くね?
 しかも、肉いっぱい系のギョーザでヘビー級お腹いっぱい・・・。

10082503.jpg

 しかしそこに、本日のメインディッシュ、イワナの塩焼きクン登場!
 これを見たら、またしてもヒヒヒの戦闘モード。

 渓流に住むアユは「川魚の女王」と称されるが、深山幽谷に棲むイワナはその格上、「谷の精霊」とか「渓流の王者」「幻の怪魚」「神秘の美魚」などと呼ばれ、水温15℃以下の澄んだ清水の中にしか生息しないから、釣り上げるには渓流の奥の奥、それこそ熊だらけの山に釣りというより登山のいでたちで行かねばならないのだ。

 そんなイワナが、あらあらお気の毒にの塩まみれ。
 海の魚なら塩まみれでも致し方ないが、渓流の王者がまさか塩まみれの最期を遂げるとは予想もしなかっただろうに、まっことお気の毒じゃ無念だろーに。

 ほら見て、白い目と牙剥いたような口元が恨み骨髄だし・・・。

 などと同情するフリしながらもガブリうんめ~~ガブリうんめ~~~~!!

 さてさて、大満足でお会計をしようとしたら、鮎の塩焼きが500円也でイワナの塩焼きが400円也の表示。
 えっと、えっとオカシイでしょ、ポーズだけは熊に怯えながらお店の横でヒョイと獲れた女王が500円で熊に本気で怯えながら山奥に遠征してテント張って捕まえた王者が400円とはこれいかに・・・。

 ・・・ん、さ、さてはあやつ、い、いわゆるひとつの養殖イワナってやつ? ここはアユの簗場だしなぁ、基本的に。

 ・・・や、やられたブスっ、ってな感じ?

 くっそーっ! 養殖ならただの「生け簀の凹(おう)者」、キミタチ、塩まみれこそがお似合いだい、もっともっと塩まぶしてまっ白にして焼いてやれ~~~・・・!!






この記事のURL | daily | CM(4) | TB(0) | ▲ top
秋の気配
- 2010/08/24(Tue) -
10082401.jpg

 矢車トンボを見つけた。
 70-300㎜の最短1,5mで、ここまで寄れた。
 これが、望遠マクロってやつ?

 トンボも想定外に暑かったせいか、動きが鈍く一発で捕まえられた。
 羽根を持ったらバタバタと暴れたが、ヒヒヒしてその羽根を即座にむしり取り口の中に放り込んだ。

 これぞトンボの躍り食い新鮮獲れたて。

 口の中で暴れていたトンボも4,5秒後には観念しておとなしくなったので、一気にムシャムシャゴックンした。

 ・・・秋の香りがした・・・。

 
 うそ。
 うそだがや龍馬伝。
 
 いくらビンボでも誰がトンボなんか空海、いやいや食う貝、いやいや食うかい。

 あんまり暑さが続いて、アタマがおかしくなっただけです鯛、いやいやです他意、おっとパソコンも熱ダレでアタマおかしくなった漢字で、感じがオカシイ~~っ・・・!


この記事のURL | daily | CM(4) | TB(0) | ▲ top
たまにはクマとふれあえる公園
- 2010/08/23(Mon) -
10082301.jpg

 残暑厳しき折、涼を求めて北上川の支流の和賀川へ。

 ここは、市民憩いの広場で「和賀川ふれあい広場」というところ。
 もちろん入場無料、基本的に河川敷だし。

10082302.jpg

 木陰にバイクを停めて一休み。
 あちらでは、バーベQ大会のグループが一杯で楽しそう。

10082304.jpg

 林の中に、なにやら爺さん婆さんが一杯うごめいているなと思ったら、そうかそうか、「岩手県民長寿体育祭」の会場になっていたんだねここ。
 ターゲットバードゴルフっていうの? ゴルフボールにバドミントンの羽根が付いたような球を打って、傘を逆さにしたようなゴールまで何打でいけるかを競うヤツ。30℃オーバーの暑い日でも、ほとんどが木陰の中だから、ご老人にも安心ってな感じのスポーツ。

 ん? 待てよ、その幟の横に「クマ出没注意」の看板が・・・。

 いいのかよ、クマが出没するような危険なところに、ご老人たちを集めて「長寿体育祭」なんて皮肉?

10082303.jpg

 やべーっ!
 シマウマがクマに襲われたぁ!!!

 ン? 再びの待てよ、これはツレ殿爆睡の図。
 クマとシマウマじゃあ生息圏がまるっきし違うし。

 ま、クマに会えたらラッキー、皆さんも「ふれあい広場」へよーこそ・・・!
この記事のURL | holiday | CM(4) | TB(0) | ▲ top
送り盆
- 2010/08/22(Sun) -
 夜が漆黒の闇に包まれる前になんとか間に合ったが、出発が30分ほど遅れてしまった。

 北上の花火大会というと、夏祭りの「みちのく芸能まつり」の最終日に行われるものが有名で、フィナーレを飾ってスターマインでスタート、10号玉の連発など総数1万発という県内最大級の規模で例年開催される。
 しかし、もともとは送り盆の行事だったのだがイベントになってしまい、日程的にお盆が始まる前の開催となってしまうために、ご先祖様が帰ってくる前に花火と灯ろう流しで送ってしまうと言う皮肉な結果になってしまったのだった。

 しかし、やはりお盆はお盆。
 地味ながらもこうしてご先祖様をお送りする儀式は続き、最近はますます人が集まりつつある。
 本来ならば、先週の土曜日の開催だったのだが、北上川が増水したために危険ということで、一週間延期されて昨夜の開催となった。

 川面には10数人のお坊さんの読経が流れ、灯ろうがながされ、遺族がご焼香し、最後に花火が打ち上げられる。
 終わったなと思って帰り始めたら、背後からまた花火が打ち上げられる、的な、なんの装飾も演出も派手さもない花火だが、かえってそれがいい。

 まだまだ暑いが、川面を流れる一陣の風が、秋の香りを運んできた・・・。

10082201.jpg

10082202.jpg

10082203.jpg

10082204.jpg

10082205.jpg

10082206.jpg

10082207.jpg

10082208.jpg

 しかし最近、花火とか花とかをアップで撮らずに引いて撮るケースが増えてきたな。
 年取った証拠かしら。

 ・・・アップで撮ったのが、全部ブレブレだったってなぜショージキに言えない?

 やっぱ、年取ったせいかしらん・・・。
この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ