早すぎる当確にブツブツ
- 2009/08/31(Mon) -
09083101.jpg

 あたしゃぁ、セージとかあまり関係ないスタンスで生きてるんだけど、選挙報道を見てなんか気持ち悪くなった。
 一ヶ月ほどもあっち行ってこっち来て選挙して、日焼けしながら絶叫あっちが悪いこっちが正しいお願いします助けてください握手握手してたのに、いざ開票となったら、なんで当確とかがこんなに早く出るんだべって。

 岩手なんか4区あるんだけど、ワクワクしながらテレビの前に張り付いて、酒呑みながら結果を見守ろうと速報にかじりついたんだが、20時に投票が終わって1分もしないうちに開票率ゼロなのに一人目の当確が出て、30分もしないうちに4人全部決まっちゃったんだよヒエ~~。
 そんなに早くわかるなら、投開票なんかに手間ヒマゼニかけないで、選挙運動終わった時点で「はい、オマイの勝ち~~!」「あららキミ、残念だったねぇ・・・」でもいいんじゃあないのかい?

 出口調査とか事前のなんとかがあったとしても、あまりにもオカシクネ?
 例えばさ、出口で知らないマスコミのヒトにホントのことしゃべるの、投票したヒトの名前とか政党とかを。家族だって不干渉だよね、投票行動って。
 一民間会社の新聞社とかテレビ局とかがそんなに正確な情報を早くキャッチできるなんて、逆にアブナクネ?
 すべてが予定調和で、個人情報保護法とかホントにあるのって感じ。

 まさか、本当に神様というのがいて、すべてを見通しているってか。
 あぁ、ブツブツ・・・。

 で、この写真はなにかって?
 だから、トウモロコシはツブツブで、ツブツブ食いながら酒呑んでブツブツ言ってたってハナシさ・・・。

スポンサーサイト
この記事のURL | baka&oriko | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ラスト・ステージ
- 2009/08/30(Sun) -
 今日は、岩手県立黒沢尻北高等学校の文化祭である「陵(こくりょう)祭」だった。
 そしてそこでの演奏が、吹奏楽部3年生のラスト・ステージになった。
 まさに、始まりがあれば、終わりがある、である・・・。

09083001.jpg

09083002.jpg

 ウチの三人の子供たちはすべて女の子、しかもすべてが吹奏楽部で、末っ子の晴美は自分の後輩にあたる。 
 今までだったなら上が卒業しても下がいて、お楽しみがズーッと続いていたのだが、晴美がラストステージとなると、後ろにはもう誰もいない。
 コンクールへ行って一喜一憂したり、定期演奏会で感動をもらったり、夢中になってシャッターを押したりすることも最後となってしまったわけだ。

09083003.jpg

09083004.jpg

 晴美の仲良しのアルトサックスのTちゃんが、吹きながら泣いていた。それを見ていたお父さんお母さんも自分の席の隣で泣いていて、思わずもらい泣きした。音楽っていうのは、野球とかのスポーツのように瞬間的な熱狂とか歓声というものはないけれど、聴きながらジワーっとこみ上げてくる持続的な感動がある。そのワンフレーズの中に、想い出の断片が重なり、感情がさらに増幅される。

 泣きながら吹いているTちゃんを見て、思い出した。

 2番目の子供のよっちゃんは中学3年の時部長だったんだけど、最後の定期演奏会の終了後の部長挨拶で、もう感極まってしまって泣きじゃくり、まるで挨拶にならなかったことを・・・。
 一瞬のうちに今までの楽しかったことや辛かったことが脳裏に去来し、言いたいことだらけで整理ができなくなってしまったんだろうね。
 最初のうちはみんなもらい泣きしていたが、あまりに長かったので、「おら、もーいいべいいかげんにせえや」みたいな東北弁と関西弁が入り交じったような雰囲気になったけな。


 

09083005.jpg

09083006.jpg
 
 いよいよ最後の曲は、ヒット曲のメドレーだった。
 晴美が最後の最後にソロをとった。
 晴美は泣かなかった。親だけが二人して泣いていたバカみたい。
 泣くどころか、堂々と大きな音で吹き通した。
 そこには、いつもの甘えん坊の晴美ではなく、オトナの晴美がいた。
 曲は「襟裳岬」だった。
 オヤジの好きな吉田拓郎の曲を、最後に聴かせてくれるなんて。
 ま、晴美が選曲したワケじゃあないけどね。

 帰りの車の中では、その「襟裳岬」をリフレインで歌った。

 ♪理由(ワケ)のわからないことで 悩んでいるうちに 老いぼれてしまうから・・・
 ♪いじけることだけが 生きることだと かいならしすぎたので・・・

 この2つのフレーズが好きだな・・・。

 途中、用事があって家電量販店に寄ったのだが、そこで小型の三脚をツレ殿が見つけ、
「これいいね大きさが」と言ったあとに、
「でも、もう必要ないか、使う場所ないもんね・・・」と寂しそうに続けた。

 その時が、一番悲しかった・・・。


PS. 晴美はもちろん、Tちゃんの顔にもモザイクなどかけませんでした。こんなにカワイイし。不都合があればご連絡ください、Tちゃんのお父さんお母さん。

この記事のURL | fiesta | CM(8) | TB(0) | ▲ top
選挙活動
- 2009/08/29(Sat) -
09sennkyo1.jpg

 おっと、間違えねーでおくんなまし、また酒呑んだハナシかってね。

 選挙さ選挙国政選挙。

 臭院選? 酒飲選? いやいや祝飲選・・・?

 なぬ、選挙事務所に呼ばれて酒をご馳走になったってハナシなら、 そいつあー選挙違反買収供応っつーやつじゃあねーのって・・・?
 待て待て落ち着け落ち着け、そうあせらんと、ボチボチいきましょうや。

 演説会だかなんだか知んねーけど、ヒトが足りないからきてくれって動員がかかったの、とある世話になってる方から。
 そんで、少しばかり早くお店を閉めて、公民館へと向かったのね。
 したら、公民館真っ暗。
 単純なワタクシは、「おっと場所をマチガエタらしい、隣りの公民館だろう」とばかりに5分ほど歩いて行ってみたが、そこも真っ暗ダレモイーズ。

 あちゃ。
 だから、がらにもないことするんでねーな、と反省しつつおっと、まだ7時前だからあそこのラーメン食べに行こう! とすぐに方針転換できちゃうのねワタクシ。
 前にもご紹介したと思うけど、ごくごくご近所の鰻が評判のお店のラーメンね。近いんだけど、19時閉店ってまるで商売っ気のないお店だから、なかなか行けないのねこーゆー時じゃないと。

 で、ただ「ラーメン2つ!」ってのも大人げないし、「お酒2合冷やでね」という枕詞を振りつつ待ってたら、「ワンカップでいいですか?」って訊くもんだから「OKOKなんでも酒ならOK」したら、冷えたワンカップ2本と「お猪口も使いますか?」って2個置いてった。

 まてよ。

 ワンカップってのは、カップだからそのまま呑むのが正しい流儀ってなもんで、それをお猪口(カップ)に移すという行為はツーカップってことで、ワンカップの立場を著しく損なうものではないか・・・?

 ま、いいか。ツレ殿はワンカップのキャップを箸置きにして活用してたぞ廃物利用。

09sennkyo2.jpg

 そんなこんなしているウチに、魔法のラーメン登場。

09sennkyo3.jpg

 あぁ、美味しかったぁ、と余は満足じゃしながら外へ出てふと後ろを振り向くと、あぁ邪魔な奴がやっと帰ったみたいに暖簾を引っ込め閉店ガラガラ。思わずシャッターを切ったがブレてしまったとさ。

0908yagiya.jpg


 あ~あ、外はまだ明るいのに・・・。

 後で確認したら、どうやら演説会の日にちを間違えたみたいだった。
 ま、ラーメン食えたから良しとしよう。

 って、結局は酒呑んで食ったハナシ?

 ・・・ホントの庶民に、乾杯・・・!

この記事のURL | baka&oriko | CM(6) | TB(0) | ▲ top
秋刀魚
- 2009/08/28(Fri) -
09sanma.jpg
 
「秋刀魚届いたよ、とっても美味しかったよ」

 メールと電話が関東近辺から相次いだ。
 毎年、今の季節には発送を予約しているんだが、いついつ発送したという案内がこちらには来ない。特大秋刀魚セットなんかの場合には、水揚げがない場合には延び延びになるし、送り先の方から連絡がないと届いたかどうかもわからないのだ。

「あぁよかった、今年も届いたか・・・」と思う間もなく、ゲっ、生産地の近くにいる自分がまだ秋刀魚の塩焼き食ってないじゃないか、ってことに気がついた。

 そんなのオカシイ、ずえったいにオカシイ、本末転倒ってやつである。
 好きとか嫌いとかの問題ではない、先にいただいて、美味しかったからどうぞってのが贈り物のスジというものである。

 で、遅ればせながら。

 真っ先にはらわたの部分に箸をブスリ、ウンメ~~~~~~!!

0908sanma2.jpg

 口の中に、2009年の秋が広がった・・・。
この記事のURL | daily | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ウンだめし
- 2009/08/27(Thu) -
 あぁ、あせった。
 昨夜のことの顛末は、こうである・・・。

 えっと、まず最初に、ブログ運営会社は世の中にたくさんあるけれど、ワタクシがお借りしているのはFC2というところ。その大きな理由は、「無料1G(現在では2G)」ということと、テンプレート(スキンと呼ぶ場合もあるが、全体を構成するデザインのこと)が他を圧倒して2,000とも3,000とも言われるその数だった。それは、公式なテンプレート以外に「共有テンプレート」というものがあって、一般の有志の方が作ったものをFC2の承認後に、誰でも無料で使えるというシステムによるところが大きい。毎日10個前後承認されているから、、季節にタイムリーなものを選んだり用途に合わせたりできるのだ。そして、その作者の許可があれば、カスタマイズも可能で、メインの写真を入れ替えたり文字の色を変えたりカレンダーを入れたりできる、らしい。らしい、と書いたのは、お借りしている作者の方から「アナタのは文章が異様に長い、読みにくいから行間を空けてください」みたいな指摘をされたのだが、ナニをどーすればいいのやらわからず、一から十まで細かく教わってなんとか変更したが、もうそれも忘れたから。数字とabcの組み合わせを打ち込めば写真になるなんて、ワケわかんなすぎ。もとより、そんなことができるぐらいなら、最初から自分で作るって。で、要注意点は、一度アップした写真は自分でサイズ変更しない限りそのままだから、写真スペースの小さなテンプレートに変更した場合にはみ出したり、表示しなくなること。同じサイズのものを探すのは、結構大変なんだね。

 そして、使ってみて便利だなと思ったのが、写真のアップが非常に簡単なこと。そして、「予約」機能と「下書き」機能があること。

 「予約」機能とは文字通り記事を予約できることで、例えば今日の27日に書いた記事を30日の午後3時に公開する、みたいな設定ができる。毎日の更新を目指しているヒトなどは、たとえばネット環境のよくない場所に旅した時とか今日は朝まで呑み会なんて時に、事前に記事をつくって更新できるのだ。
 そして「下書き」機能。ふと思いついたことをメモ代わりに書いておいて忘れないようにし、後で仕上げることができるので、この「予約」と「下書き」を駆使すればストックの原稿がいくらでも作れる。ちなみに、今現在ワタクシのストック原稿は20ほどあり、パソコン持たないで世界旅行しても、毎日自動更新できるのだが、カネがないから世界旅行ができないのが不憫である。ただしこのストック原稿も、季節の移ろい世間様の耳目の変化により色褪せるから、ボツになるケースが多いね。なんかしょーもねーことダラダラ書いてるな、という記事の場合にストック原稿を使ったケースが多い。

 さて、またしても前振りがダラダラ長くなったが、これはストック原稿などではない。ストックどころか、焦りまくりで今書いているのだ。

 本題。

 昨夜、夕飯前にトイレに行ったら、ひとつのネタを思いついた。
 そこで、ササッと「下書き」して「記事を保存」した。
 ・・・つもりだった。

 夕飯を終えて、さあ風呂入って寝るか、とパソコンの電源を切る前にフトわがブログを見ればギョギョギョのギョ。「下書き」が「公開」されているではないか・・・。
 それは極めてイージーミスであった。書き終えた後に「下書き」をクリックしてから「記事を保存」にしないと、デフォルトでは「公開」されてしまうのであった。
「あららヤベヤベ、一時間ぐらい経過したから何人かには見られてしまったか、でもシカタガナイ自分のミスだ」
と軽く考えて、「下書き」に戻すために管理画面にアクセスしようとしたら、「ただ今アクセスが集中しています。しばらくしてからもう一度お試しください」って表示の連発。

 おっと、まさかオレの記事にアクセス集中してるんじゃあねーべなありえねー、きっとFC2に登録している芸能人がまたぞろヤバイ事件でも起こしてるんだろ、とかのまだまだ余裕。

 しかし、いっこうにらちが明かず、シカタナイからFC2のホームへアクセスして「お知らせ」というところを見たら、「サーバー障害が発生しました、ブログ57、ブログ○○、ブログ●●において、①ブログを表示しない、②管理画面に行けないというトラブルが・・・、ただ今メンテナンスをしております。しばらくお待ちください・・・」だと。

 この場合、①であればなんも問題がない。誰も見れないんだから、焦る必要がない。しかし、状況はまったく逆。「下書き」を「下書き」にすることができないが、みんなは見ることができるオーマイガッ!

 かくして、わが「下書き」は延々と天下に公表され、システム障害が発生した20時20分から23時15分に力尽きるまで、何百回も管理画面へのアクセスを試みるもことごとくキョヒられ、「ケッもういいや、すでに遅し、みんな見ちゃった・・・」ってあきらめて寝てしまったとさ。

 ちなみに、どうせ見られちゃったんだから、そのハズカシイ「下書き」の全文を隠さずここに掲載します。
「ウンだめし」というタイトルですので、わかりやすく黄色で表示します。


 小さい方の用足しでトイレに行った場合、たまに前の方のウン○が小さくこびりついていることがある。
 するってーと、その日のウン試しがしたくなる。

 カンタンである。
 そいつに向けてわがマグナム砲の照準を合わせファイアー!
 最後の砲滴の尽きるまでに、そのウン○が完全に剥ぎ落とされ水泡に帰するかいなかを見届けるのである。
 ウン良くキレイさっぱりとなれば、「おっと、今日はいいことあるぞ」となり、最後の最後の最後の一滴にも動ぜず「へへへ、ば~か、おとといおいで」という態度に出られたら、負け。

 これが結構当たるのよ。
 ぜひ、お試しあれ。
 
 おっと、あくまでもマグナム砲をお持ちの方に限りますよ・・・。


 ・・・あぁダメだバカすぎる、な、なにがマグナム砲だ、まさに針小棒大誇大妄想あぁハズカシいとハズカシ・・・。

 じっ、実際はこんな感じ、かな・・・。

shinnshouboudai.jpg ※クリックすると大きくなりますが、この写真には性的アダルト表現が含まれています。18歳未満の方、心臓に持病をお持ちの方や妊産婦の方、及び泥酔状態の方は閲覧をご遠慮ください・・・。

 ・・・予定では、文章を手直ししてこんな写真をいっしょに掲載し、ウケようと思ってたんだけど、文章だけ見たら、・・・ねぇ。

 これで、自称「帰帆場公園のヘミングウエイ」もお終いだぁ。
 でも、この程度の「下書き」でよかったな、ってなキモチもしてる・・・。

 確か、アノヒトタチの呑み会は昨日だったっけ一昨日だったっけ、Nさんならガハハで済むかもしれないけど、Tさんだとなんとなくマジ怒られそうだなぁ。まだ見てなきゃいいなぁ、おっと見てないとすれば載せなきゃいいのかここに。

 いや待てよ、システム障害なんてウソでこれはネタ、周到に計画されて構成された2日連続の小芝居、って勘ぐってるかもしれないな。

 ウン、そーだといいなぁ・・・、ってことで「ウンだめし」の巻きオシマイオシマイ・・・。

PS. 結局、今朝の2時30分に復旧したそうです。あぁよかった起きてなくて・・・。
この記事のURL | baka&oriko | CM(5) | TB(0) | ▲ top
小岩井農場 #3 命の営み
- 2009/08/26(Wed) -
09082601.jpg

09082602.jpg

 お花畑には、蝶々がいっぱい。
 D40のスカタンAFだとヒジョーに疲れる・・・。

09082603.jpg

「きゃあ~、ぷくぷく丸々と太ってカワイイ~~、写メ撮ろうっと」
「おめーには言われたく、メェ~~」

 ・・・ってな感じ・・・?

09082604.jpg

09082605.jpg

 あえてムヅカシイ光線状態で露出を変えて。
 しかし、こうやって草ばかり食べて、どうしてあんな美味しい肉になる、いやいやどうして大きくなるんだろう・・・。

09082606.jpg

 あらら、真っ赤になっちゃって。
 お取り込み中、まことに失礼いたしました・・・。

09082607.jpg

 おっと、こちらでも・・・。

09082608.jpg

見ないで、エッチ・・・。

09082609.jpg

こりゃまぁ、そっちでも・・・。

09082610.jpg

 ヒエ~~、見つめ合って、お盛んなこって・・・!


 ・・・さて、今回が「小岩井農場シリーズ」の最終回であるが、どうも終わり方がわからない。
 一般的なブログなら、ほぼ一ヶ月分に相当する渾身の傑作PHOT33枚(だからどれが)に400字詰め原稿用紙10数枚にも相当する珠玉の文章(残念至極の文章?)を3日に分けて掲載したのに・・・。

 これぞ、文字通りのいわゆる尻切れトンボってやつ?

 お後がよろしいようで・・・。
この記事のURL | holiday | CM(4) | TB(0) | ▲ top
小岩井農場 #2メシ
- 2009/08/25(Tue) -
09082501ss.jpg

09082502.jpg

09082503.jpg

09082504.jpg

09082505.jpg

09082506.jpg

09082507.jpg

09082508.jpg

09082509.jpg

 ま、昨日は「なにもなくてもなにをしなくてもシアワセになれる場所」なんて、目一杯持ち上げて書いてしまったけど、やはり腹が減るだけでニンゲンはフシアワセになるから、メシだけは食わなければならない。ニンゲン、昨日のことなどとっとと忘れた方が、よりシアワセになれるのである。

 しかし、ここは日曜日の観光地。ヘタこくと行列ン十分待ちなんてこともあり得るわけで、オラ待ってまでメシ食いたくはねえ。
 っつーことで、満車の第1駐車場から第2駐車場へと誘導された時点で今日は混んでる先手必勝、11時に着くやいなやバーベQのできる場所へ直行したのであった。
 ま、観光地の日曜日、いくら牧場とはいえ殺したての血の滴る肉を食わせろ!などとグルメするつもりは毛頭ないが、解凍したてってやつ・・・?
 でも、ラムそして牛タン、肉厚でverry good!
 なにより、焼き肉は雰囲気が大切。ほとんど外だし空気美味しいし、昼頃にノコノコ来た人たちはレジに並び始めたし、それ見てワザとゆっくりしてやるキモチがわいてきたし・・・。

 ・・・いやいや、そんなことこそどーでもいい。

 えっと、ここまで自動車で来たのね、自動車で。
 するとさ、どっちか運転手ってワケで、その人は酒呑めない、でしょ。

 で、食券売り場で肉と野菜以外に「とりあえず生ビール」を1個とご飯味噌汁セットの2つを頼んだのね。一応は「どちらかが運転します!」ってアッピール、小芝居するの見ず知らずの食券売り場のオバさんに向かって。
 するってーと、食券売り場のオバさんはデジタルにカネ数えながら、「フン呑みたきゃ呑めばいいじゃんメンドクセーなこいつら」みたいな感じなんだけど、ジンギスカンと言えばヒツジ、小心者のワタクシは子羊みたいに怯えてしまって「生2つ!!!」とかどーしても言えないワケ。

 で、やさしいツレ殿は「お父さん、呑んでいいよ」と言ってくれた。

 しかし、まさにここが人生の悩みどころ。

 かのハムレットは、to be or not to be that is the question・・・。 とか言って、死ぬか死なぬか二者択一ギリギリ究極になってしまったけど、あたしゃー、もっと選択肢が広くて3つ。

①すすめられるままにあいよっ! と呑む。しかして帰り道での助手席、両足をピンと突っ張って背中をシートにベッタリと押しつけ、ドアの取っ手とシートを脂汗ビッショリ握りしめ、ひたすらに恐怖の運転におののき耐えながら、運良く家に着いたときには緊張から解放され失禁・・・。
②もう、酒などキッパリあきらめる。こんな日も人生の一部にはあると達観して、ひたすら米を喰らい味噌汁を流し込む・・・。
③泥酔するまで呑み散らかしその場で失禁、恐怖という名のつくもの全てを追い払いうっちゃり、帰りのクルマでただひたすらにヨダレを流しながら爆睡する・・・。

 あぁ、なんと重い、観光地での人生の選択であろうか・・・。

 しかして、現代の科学は②+αの選択肢を残してくれたのであったぁ~~!

 この「キリンフリー」ってやつである。ビールを呑んでいる気分でビールを呑んでいないやつである。普段なら絶対にネバネバ買わないケっ! な代物であるが、気分だけでも味合わせてくれコンチクショー!的な切羽詰まったギリギリに追い詰められた状況では、まさに天からの授かり物に近いキリン様の発明品である。今度、車内にこやつを常備して、酒酔い運転の検問に引っかかった時にすばやく缶をばプシューッと開け、お巡りさんが近づいてきたら左手に持ちつつ呑みながら窓を開け、「ドチタノ?」って訊いてみたいなとみんなが思っている、ハズのビールもどきである。

 で、昼から泥酔する③はもとより、中途半端に飲んで死ぬ思いをするには天気がよすぎたので①も却下、②+αで今回は妥協したのであった。

 しかし、なんとなんとなんと~~~~!!

 ゴクリゴクゴクペロリ。
 天気も上々だし、サイコーに旨いんだべなぁぁ・・・。
 ツレ殿あっという間に飲み干し、そしてその後に心なしか寂しげに肩を落として水など舐め始めたものだから、
「日本酒でも呑めば」
「え、悪いよ(お目々キラリ)」
「いいから」
「そ、お・・・?(お目々ランラン)」
 ってな感じになってしまって、ついでに「日本酒のつまみにぴったりな」イカ焼きとキノコの盛り合わせなども買ってきたからして、牧場でイカ焼きとはこれイカに、なんてオヤジしてるキモチの余裕などミジンもなくなり、おのれ鬼畜米兵天誅でござる! と竹槍でもあったなら迷わずムンズとひっつかみ、ブスリブスリと次々にメリーさんのヒツジをば突き刺し、そのままバーベQ大会のメインディッシュにするところだった。
 自分も対抗して、「キリンフリー」を3缶も呑み散らかしてやったが、こんなもの何缶呑んだからって、基本的に麦ジュースだし・・・。

PS. このワタクシが心血を注いで写真をセレクトし(これで?)、推敲に推敲を重ねた文章(これが?)をアップするのに手間取っていると、ツレ殿が同じネタでアソレソレソレみたいな気楽さで前の日にアップしてしまう。するってーと、こんなのは鮮度だけが命だから、ワタクシの血と汗の結晶(だからどれよ)は甚だしく色褪せ、「これは奥さんの写真ですか?」 みたいな感想まで。まるで、後出しジャンケンして負ける、みたいな。・・・まったくブウブウである。おっと小岩井はヒツジだメエメエ!!・・・迫力ねーなぁ・・・。

この記事のURL | holiday | CM(4) | TB(0) | ▲ top
小岩井農場 #1空と雲と花と緑と
- 2009/08/24(Mon) -
09082301.jpg

09082302.jpg

09082303.jpg

             09082304.jpg

09082305.jpg

09082306.jpg

09082307.jpg

09082308.jpg

09082309.jpg

09082311.jpg
09082310.jpg

>

09082312.jpg

09082313.jpg

09082315.jpg

 
 スッコーンと青空が広がって
 プカリ、白い雲が浮かんで
 花と緑がこんにちは

 なにもなくていい
 なにもしなくていい
 ただ深呼吸するだけで
 ただブラブラ歩くだけでシアワセになれる
 
 ヒトはあれこれ考えなくても生きていけるんだな、って思える空間
 生きるってことはシンプルなことなんだな、って思える空間
 そして、思わず開放感に溶けてしまいそうになる空間

 そんな、広~~~~い小岩井農場だった・・・。


PS. 広告宣伝費はいただいておりません。が、もし万が一に関係者の方のお目に止まり、「少しぐらいお礼しなくちゃ・・・」と思われましたら、それをキョヒるほど清廉潔白でもありません。またその場合、御社ご自慢の乳製品であるヨーグルト、チーズケーキ、ソフトクリーム、こじゃれたジェラートなどはアル中メタボの我が身ゆえできればご辞退させていただき、できることならば生ラムジンギスカン用の生きたヒツジ一頭とか、いやいやそんな・・・。
えっと、最後から3枚目の写真のベンチみたいのは、寝そべって星を見るための台です。ロマンティックでしょ。
つまらないけど、あと2,3回続きます・・・。 


この記事のURL | holiday | CM(4) | TB(0) | ▲ top
達筆
- 2009/08/23(Sun) -
             0908birth1.jpg

 お祝い事だったから、文句を言うのもためらわれて今日になってしまったのだが。

 とある酒屋さんで、手書き文字とラッピングのサービスをするってことで、頼んだのだそうだ。
 ラッピングはともかく、手書きをサービスにするということは、ある程度は手書き文字に自信があるってことだよねフツー・・・。

 でもこの字って、まるで拉致されて両手を縛られてしまって、シカタナイから窮余の策として右足の親指と人差し指の間に筆ペンを挟んで書いた字、に見えない・・・?

 平仮名はひたすらに暑苦しいし、アルファベットのyなんかは、ヘビがのたくっているかのよう・・・。
 ケーキに書く文字ならわかるよね、あれは絞り袋からチョコレートとか生クリームなんかを絞り出して書くから、文字がどうしてもニュルニュルしてミミズが這った文字みたいになり、決して達筆には見えないけど、これは筆ペンかなんかで字を書いてるワケでしょ。

「おめー、そこらの安焼酎買ってきて自分で字書いてテキトーにくるんだんじゃあないの?」と言おうとしたが、その前に「これじゃあ、ワタシが書いた方がよっぽどマシよねぇ」とヨメが自分で言うので、シカタナク信じることにしたのだが・・・。

 ま、こうしてネタになってるワケで、そう言う意味では味のある書き文字なのかも。

 ・・・んなことねーよな・・・。
この記事のURL | daily | CM(4) | TB(0) | ▲ top
爽やかモーニング
- 2009/08/22(Sat) -
09082201.jpg

 ヴィ~ンヴィンヴィン、ヴィ~~ンヴィンヴィン。

 ミンミンゼミはその名の通りにフツーはミ~~ンミンミン、ミ~~ンミンミンと鳴く。アブラゼミはその名の通り、アブラ~アブラ~アブラ~と鳴く、・・・ウソだが。

 さて、朝っぱらのチョーシが上がらない散歩の時間帯にミンミンゼミに耳元で鳴かれると、こう聞こえる。決して、トーホグのセミだがらナマってるワゲじゃねじゃ、と自分がナマってしまいたくなるほどウルセジャ。

 暑苦しいな、どこだ? と探していたら、このバカなセミは木に見えたのか木の色に錆びた電柱にしがみついて鳴きわめいていた。しかも、思いっきり腹を膨らませて我が世の夏を謳歌するかのように・・・。

 どれどれ。
 絞り優先オートのままパチリしたら、まるで錆びた電柱に同化したようにセミは真っ黒黒助。曇り空の白を「いや~、やけに明るいな今朝は」とカメラの露出計が勝手に判断して、絞り込んじゃうんだね。内蔵露出計って、ホントいつまでたってもオバかさん。
 で、測光をスポット測光に切り替えてみたが効果なく、最終的に+1.3まで露出補正して、やっとその姿が浮かび上がったのがこのカット。文字の上に、ナニやらセミみたいなのがいるでしょ・・・?
 でもさ、+1.3だから曇り空はスッコーンとまっ白になっちゃって、こんなヘンな写真になっちゃった。
 シンプルというか、ナニもない。

 結果、ヴィ~~ンヴィンヴィン、ヴィ~~ンヴィンヴィンという暑苦しさは何処へ、不本意ながら極めて清々しい朝の一コマとなってしまった。

 御用とお急ぎでない方は、白い部分をメモ帳かお絵かき帳にしてご利用くださいませ・・・。

bakanae.jpg
この記事のURL | baka&oriko | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ