だめ?
- 2009/04/30(Thu) -
●山桜と山吹
dame1.jpg

●山吹と山桜
dame2.jpg

●椿と山桜と山吹
dame3.jpg

 ・・・だめ?
 安直すぎる?

 だって、そうじゃん、見たままじゃん・・・。

 ・・・じゃあさ。

●チューリップ
チューリップ1

●赤いチューリップ
チューリップ2

●ピンクのチューリップ
チューリップ3

 ・・・かさねがさね失礼いたしやんした、本日、イヤいつもだが思考力なし・・・。

スポンサーサイト
この記事のURL | flower | CM(4) | TB(0) | ▲ top
4月の「28会」 #1
- 2009/04/29(Wed) -
2801.jpg

2802.jpg

2803.jpg

2804.jpg

2805.jpg

 昨夜は恒例の同級生の集い、「28会」であった。
 場所はいつもの「渡来」ではなく、4月の当番M氏の自宅。ちょうど展勝地桜並木の中といっていいところに家があるので、毎年4月には「お花見会」ということで、ここにお邪魔することになっているのだ。
 すでにサクラはほぼ散った、が、そんなことどーでもいいのであって、例年の様に手作りのハム・チーズ、鮭・豚タンの燻製、ソーセージ、サラミなどの料理のほか、葡萄園も経営しているのでこれまた手作りのワインなどをいただいて、大いに花見を楽しんだ。
 M氏は、農家民宿という新しい形態の民宿業も試みているので、こういったおもてなしは、得意中の得意なのである。
 シャッター速度が1/4秒とかの手持ちなので、多少のブレとかはカンニンね・・・。
この記事のURL | sake | CM(6) | TB(0) | ▲ top
4月の28会 #2
- 2009/04/29(Wed) -
2806.jpg

2807.jpg

2808.jpg

2809.jpg

2810.jpg

2811.jpg

2812.jpg

 帰り道。
 行くときは自転車でスイスイ行ったのだが、帰りは酔っぱらい運転になるのでトボトボと押して帰ることに。
 いやいや、法律を順守したという正義の味方的ハナシじゃあなくって、マジ乗れないの泥酔しててトホホ・・・。
 しかししかし、花はほぼ散ってもまだ「さくらまつり」の期間中の展勝地、桜並木にはライトアップがなされ、鯉のぼりも北上川を彩ったまま。
 絶好のシャッターチャンス! 歩くという行為は、スピード的にもいろんなものに巡り会えるからいいね。
 ライトアップされると、花がなくても遠目にはなんか咲いてるみたいだから不思議だ。

 しかし、呑みにいったのだから三脚なんか持ってないし、シャッター速度は1/4秒どころか、無残にも「Lo」と表示されるばかり。
 でも、なんとか踏ん張って何カットか撮れた。どなたかのブログのコメントにも書いたが、酒呑むと手のふるえが収まるから、手ブレはシラフの時より激減する、ってハナシはネタだからよい子は信じない様にね。

 20分ほどブラブラとして、なんとなく「渡来」へ。
 そしたらギョギョギョ、さっきまでM氏宅で呑んでいたメンバーのうち6名が先客として騒いでいた。自分たち2人を含めれば、ほとんど全員が再集結ということになる。
 やれやれ。
 みんな、「渡来」が好きなんだなぁ・・・。
この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
あぁ、春の火防祭 #2
- 2009/04/28(Tue) -
hibuse1.jpg

 今年の山車は、平維茂(たいらのこれもち)武勇の誉れ 妖怪退治の紅葉狩り~

hibuse2.jpg

 見返しは、疾く疾く起きよと杖突ならし 姿現す山の神~

 ・・・っつーことだったが、2日間とも雨で厚~い厚~いビニールの中。
 ついにその姿を皆さんにお見せすることはできなかった・・・。

hibuse3.jpg

 今年の稚児さんたち。地元の小学生までがこの役を引き受ける。
 運航中は、ずっと山車に乗りビニールの中だったが、PIA諏訪町アーケード街での記念撮影で、やっとお外に開放された・・・。

hibuse4.jpg

 普段は、クライ・フルイ・ツマラナイなどと大不評なアーケード街であるが、こんな雨だと大いに感謝するってのも勝手なものだ。
 全体での記念撮影のあとに3つの町内会ごとにパチリ。

hibuse5.jpg

 本来は、敵の目から逃れるために女装した、ということらしいが、手古舞をご披露する地元中学生までの女子たち。

hibuse6.jpg

 やっと傘から解放された、お祭りらしい行列。

hibuse7.jpg

 地元で、手古舞をご披露。

hibuse8.jpg

 少し前進して、ここで2度目のご披露・・・。
この記事のURL | fiesta | CM(2) | TB(0) | ▲ top
あぁ、春の火防祭 #3
- 2009/04/28(Tue) -
hibuse9.jpg

 火防祭には欠かせない、木遣り。
 これは、地元の中学生までの男子が担当する。

hibuse10.jpg

 少子化のせいか、今年はかろうじて4名が参加。

hibuse11.jpg

 こうして、なんとか伝統は受け継がれていく・・・。

hibuse12.jpg

 雨脚は衰えず、予定を短縮して本通りへ。
 メガネの松村の前を通過。

hibuse13.jpg

 市内唯一最大の、さくら野百貨店の前を通過。

hibuse14.jpg

 やっぱり、アーケードが一番いいやってなことではないが、「帰り太鼓」に曲は変わり、公民館へ。
 ン十年ぶりにアーケードの一部が開いていたので、雨が当たる。
 聞くところによると、閉めっぱなしだと火事の時にトンネルが煙突になってしまって危険だから、定期的に開ける様にとの消防署からの指導、「あぐべが・・・?」とおそるおそるスイッチを入れたら一部を残して開くことには開いたが、閉めようとしたら閉まらなくなったとか・・・。
 毎年必要なメンテナンスがン十万円とか百万円以上とかで、ずーっとできなくて放置していたせいらしい。商店街、キビシイからね・・・。このアーケードができたときには、それこそ全国各地から視察団が来たというけど、今じゃ邪魔者無用の長物と化している、が、壊すに壊せない・・・。
 しかし、雨はまだしも、冬に雪降ったらどうすんだべ。
 ま、考えてもどうにもなるまい。その時はその時だってか・・・。

hibuse15.jpg

 やっと、公民館への最終コーナー。
 ずぶ濡れで寒くて、ヤレヤレである・・・。

hibuse16.jpg

 山車から降りて、稚児さんたちにも笑顔が・・・。

hibuse17.jpg

 みんなで楽しいランチタイム!
 雨脚はいっこうに衰えず、午後の運行も中止が決定。
 大人たちは、そのまま呑み会に突入した~~!

 やっべ~、20ページのアルバム、今年はできるんだろうか・・・。
この記事のURL | fiesta | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あぁ、春の火防祭 #1
- 2009/04/27(Mon) -
山車運行の安全を祈願して、諏訪神社境内の秋葉神社に参拝。
kabousai1.jpg

ホントにやるの、やめないの? とりあえず山車を出すか・・・。
kabousai2.jpg

寒いよ~冷たいよ~~つまんないよ~~~・・・。
kabousai3.jpg

うっ、こんなの祭りじゃねぇ、まるでシベリアからほうほうの体で引き上げる人達みたい・・・。
kabousai4.jpg

一応は繁華街なんだけどね、だ~れもいない・・・。
kabousai5.jpg

 ワタクシ、この3日分ほどブログの更新をゴマカシ、花咲かジジイでお茶を濁し、この日に備えたのであった。
 なぜってあなた、この数年傑作の誉れ高い、「秋葉神社春の火防祭アルバム」の2009年ヴァージョンを作るために虎視眈々、すでに今年のアイデア・レイアウトも決定し、埼玉のみならず日本中、いやいや世界中のお祭り好きから絶賛紙吹雪の洗礼を受けるべくニヤニヤしていたのだったさ・・・。

 が。
 お天気さえ良ければという必要最低限の条件は無残にも宇宙の彼方、の雨あられ。二日連続朝から雨、時々強風、しかもサブイという絶好の春祭り日和であったのだよハハハ。
 しかも、昨日の朝は雨だけならまだしも、アラレがビシバシでまさに雨アラレ、ま~アラレもない、などとシャレのひとつも言いたいところなのだが。
 ま、青森では満開の桜のもと積雪ン㎝、20何年ぶりとかのお天気で、ホント雪にならなかっただけでもラッキー! なんてことは思わなかったぞ決してネバー当事者としては。

 しかし、役回りは役回り。
 写真撮らなきゃならないんだって。
 「写真撮っても絵にならないよねこれじゃハハハ」とご近所の皆々様に同意を求め、これじゃ写真なんかムリだ絵にならないし、という雰囲気を醸しだそうとしても、その皆々様もそれぞれに寒くて冷たくて写真がどーのこーのどころじゃあないから、完璧シカト。
 でもさ、町の行事だからギャラを請求する気はないが、制作費5,000円でアルバム作るには、いくら安物機材でもこの雨の中に持ち出すのはリスクが多すぎるべ。

 熟慮に熟女を重ねて(?)、メイン機材はD40+70-300mm、そしてほぼ脳死状態だったD70を引っ張り出し+D40のキットレンズ+ワイコン+SBなんとかのストロボの2台体制に決定! レンズ交換しないで、雨に濡れて壊れたらあきらめろ! 的システムの感性である。
 しかし蛇足だが、あのD70のプアな液晶はいいね。ナニが写ってるかまるでわからないから見てもわからず見ない方がマシ。で、そんならいっそOFFにしてしまえばあらら、まるでフィルムで撮っている様な緊張感。D70使用継続決定! の瞬間であった、雨で壊れなければのハナシであるが・・・。

 さて、70-300mmには、幾重にもグルグルとサランラップを巻いた。長いからすぐに雨滴がつくのである。
 ・・・しかし、70mm側で入念に巻いたら望遠300mm側にズームできない固くて、仕方ないから300mmの伸び伸びの状態で巻いたら、70mmの方にくるときシブくて80mmぐらいで終わりって感じ・・・?
 ま、非常事態宣言だから、仕方ないってことで・・・。

 で、 被写体がくる、ファインダーを覗く、うわっ画角が違う、しかし左手には傘。
 で、カメラのグリップから手を離し、いったんカメラを降ろして首から下げる。そしてそこから右手でズーム角をエイやっと適当に変えて再びファインダーを覗く、そして禁断の右手グリップ一発でパチリの繰り返し。
 ・・・そう、左手に傘を持ってると、ズームもできないのだ。それに、こんな暗い雨の日にISO800とかにしても、シャッター速度は1/100秒のあたりを行ったりきたりなのに300mm右手片手撮り。寒いから、それでなくともガタガタ震えてるっていうのに・・・。

 しかも山車はビニールハウスの中でまるで美しすぎるし、人も同じく冷たい雨に打たれ始終うつむき、あたかもそれはシベリア捕虜収容所からの脱走、または故郷を捨てる難民の行列の如しで少しもフォトジェニックじゃあないし、逆にこんな日は写真など撮りたくない! っと思ってもオイラは「記録班」・・・。

この記事のURL | fiesta | CM(2) | TB(0) | ▲ top
09spring-PINK
- 2009/04/26(Sun) -
             pink1.jpg

pink2.jpg

pink3.jpg

             pink4.jpg

この記事のURL | flower | CM(2) | TB(0) | ▲ top
09spring-WHITE
- 2009/04/26(Sun) -
shiro1.jpg

shiro2.jpg

shiro3.jpg
この記事のURL | flower | CM(4) | TB(0) | ▲ top
09spring-PURPLE
- 2009/04/26(Sun) -
purple1.jpg

purple2.jpg

purple3.jpg
この記事のURL | flower | CM(2) | TB(0) | ▲ top
09spring-YELLOW
- 2009/04/25(Sat) -
ki1.jpg

ki2.jpg

ki3.jpg
この記事のURL | flower | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ