FC2ブログ
オモチャ
- 2008/12/28(Sun) -
new machine2

 オシャレなオトナの秘密基地、を目指してレイアウトしたこのVIPルームは、いつしか市会議員選挙の裏選対事務所になったあたりから雲行きが怪しくなり、今ではデロデロオヤジの集会所的様相を呈してきた。元々ここは作業場だったから、それも致し方ないか。
 で、2回ほどパソコンのGyaOのカラオケを使って、移動なし同じ場所でのカラオケ二次会を開催したところ、これがことのほか大好評。しかし、ひとつだけ気になっていたことがあった。
 それは、カラオケはパソコンのスピーカーから流せば別ウーハーも付いているから構わないが、ボーカルアンプがないために、こともあろうになかろうに、わがビンテージ、ミュージックマンのギターアンプにブスッとそのままラインを繋いで使っていたのだ。このアンプは、25~30年ほど前に創業したミュージックマン社の第一号機で、真空管とトランジスタのハイブリッド。球だから底力はあるしリバーブもキレイで、ボーカル用に使っても、ま、キレイな音が出る。

 しかし、それではなんとなくどことなく気分がすぐれない。
 このアンプを通して、吉幾三とかを朗々と、かぐや姫あたりをジメジメと歌われると、なんかこのアンプのビンテージとしての価値が一曲ごとに損なわれ失われ、ただのオンボロ中古に成り下がってしまうような気がしたのだ。

 で、PA探しが始まった。

 町内会の盆踊りなんかにも使えるようにと考えれば、最低200W+200W位のを買わなければならない。しかしそれではかなり高価になるし大きくて場所も取る。気にはなるがなにも個人レベルで町内会の盆踊りのことを心配したり出費したりするのも変だ。

 その結果たどり着いたのが、このRoland Mobile Cube。
 ちっちぇ~。
 でも、これでもステレオ。しかも入力が2系統で、ボーカル用と楽器用とがあり、楽器用はキーボード、アコギ、エレキギター、オーディオとをセレクトできる。つまり、カラオケばかりでなく、ギターの弾き語りなどもできるのだ。ステレオミニプラグの端子もあるから、パソコンやMP3プレーヤーとの接続も可能。ボーカルと楽器の入力は独立のボリュームを持っているが、トーンコントロールとりバーブ・ディレイが共通なのはチト残念。ウレシイのは、CD機器などをつないでCDをならしながら歌うときは、センターキャンセル機能があるので、ギターやボーカルの音を低くして練習することができるヤッホー。
 大きさはみての通りの、片手で持てるモバイルサイズで、重さもたった2.5㎏。出力は2.5W+2.5Wと控えめながら、パワフル設計でこの部屋ではフルボリュームではうるさすぎるほど。で、ここが一番おもしろいんだけど、モバイルの名の通り、単3乾電池6本で動くのだぁ~! 動くどころか、フルボリューム状態で15時間OKっていうから、こいつはお花見やバーベQでも活躍しそうだな。

 ・・・って、すでに来年の宴会風景を妄想しているのであるが、ナニやってんだオレ、この年末も年末のおしせまりにやること他にいっぱいあるべ・・・?

 うん、あるんだよ頭の痛いことやらねばないこと。

 それはね、今の季節なら寒いからみんな窓締め切ってカーテンしているからいいけど、暖かくなったらこの部屋から漏れた音が騒音となって近所迷惑になる。今のうちに、防音対策を考えないと・・・、あぁ頭イテ・・・。

new machine


PS. この部屋のレイアウトが若干変わり、飾ってあるレコードジャケットもチェンジしたのに気がついた方は、相当のマニアですよ・・・。
スポンサーサイト



この記事のURL | baka&oriko | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |