FC2ブログ
或るネギの一生
- 2008/12/12(Fri) -
ネギ

 雪が降って、すっかり解けてしまった2日後ぐらいの朝。
 路上にこんなものを見つけた。
 
 ・・・ん? ネギかも・・・。
 鴨ネギではないな、どう見ても・・・。

 一本のネギがペッチャンコになって、模様のように化石のように地面に張り付いていたのであった。
 ん~、なんてフォトジェニック、・・・って思うのはわたしだけ、のだいたひかるは最近テレビに出てこないなぁ。

 さて、ネギがこんなところでこんなカタチで死んでいるということには、なにか事件性のようなものを感じる。事件とは、通常起こりそうもないことが起こったという意外性そのものを指すのだから、被害者がたとえネギであっても事件は事件なのである、なにか?
 
 そんなこって、さっそく『帰帆場公園ネギ変死死体及び遺棄事件』の全容を解明すべく、捜査本部を設置することにしたのだった。

①現場は帰帆場公園南東、JR東北本線と北上線(蔑称・山線・・・北上から豪雪地帯の山を越えて秋田の横手まで走るディーゼル単線につき)のレールが併走する土手に沿う側道。近道として見つけた高校生と犬の散歩のヒトと犬と自分だけは死なないと信じている健康オタクのジョガーと付近の住民以外の往来はほとんどなく、街灯も整備されていないことから夜間には真っ暗になると思われがちだが、JR北上駅の至近距離であるためことのほか明るい。

②被害者ネギの死亡推定時刻は、2008年12月8日の午後3時頃。即死状態にはなく、現場にて意識不明状態のところ複数の車両や人間に次々とはねられ踏まれ死に至ったと思われる。ガイシャの遺留品・所持品はナシ。また、一度積もった雪が解け、現場の足跡やクルマのスリップ痕なども全て松の木小唄、解けて流れりゃ皆同じ、チャカチャチャンチャン♪ 的状態で決定的な物証は得られず、とりあえずは付近の住民の聞き込みや目撃情報を徹底的に洗う。

③ガイシャの状況から、自殺・事故・事件の全ての要素が考えられる。自殺の場合は、JR北上線(蔑称・山線)からの飛び降りの可能性が大。北上線は東北本線よりも側道側に沿って走り、日中は一時間に一本、一両編成(?)、いやもとい一両のみのディーゼル機関車、単線レールに後期高齢者が2,3人しか乗らないという状況につき、飛び降りるには絶好の車両形態及び状況である。しかし、いかに過疎電車とはいえデッキからドアを開けようとすると緊急停車となるから、この寒い時期にもかかわらず窓を全開にして飛び出すしか方法がないが、その目撃情報は一切なし。この数日間、緊急停車という事態も一切発生していない。

④ひとつ問題点としては、線路の走る土手と被害者が発見された側道の間には、暴風雪を防ぐ目的のアミがフェンス状に張り巡らされ、その高さ約3メートル。窓から飛び出しそれを越えるのは至難のワザ、いかに元気で気力充実やる気満々な状態でも不可能と思えるのに、いざ死のうと思っている気力の萎えたネギにはますます困難と思われる。しかし最後の力を振り絞り、おのが緑の先端と根っこの部分をグ=ンとまげて円状に接触させ弓のようにしなったカラダからそれを解き放てばテンション一杯、グ~ンと回転しながら側道へ落下することも可能と思われる。しかし、その前にもう一つの困難に直面する。このアミのフェンスの上には、いつも数十羽のスズメたちがチュンチュンしていて、ネギがその上をまさに飛び越えんとするときに、大好物のネギを発見して喜びに打ち震え、全てを食い尽くしてしまうからその死体は残らないはずである。いや待てよ、スズメがネギ食うっけ・・・? 間違えた、ネギを好きなのは鴨である。帰帆場公園に飛来する鴨のエジキになるのである・・・、ん? 鴨がネギを食うのではない鴨ネギがうまいのだった失敬失敬。

⑤さて話を戻すとアミのフェンスを跳び越えられるその可能性は極めて低く、事件性においても被害者は生前にほかのネギと争うこともなく、金銭を持ち歩いて豪遊することもなく、女性関係でいざこざがあったというハナシもなく、極めて質素に土中にて生活していたことから、怨みや妬みによる事件に巻き込まれた可能性というのも極めて低い。

⑥そうなると、事故の可能性が大である。しかし、なぜここにネギが放置され、ボロボロの轢死体にて発見される整合性はどこにあろうか。

⑦以下の推論がなされる。被害者のネギを運んだ人物は、クルマで移動した可能性は少ない。クルマからネギを一本落とすことなどあり得ないからだ。オートバイの可能性は、その所有者が激減していることからその次に可能性は少ない。徒歩でネギを落とすヒトはいるだろうか。

⑧以上のことから、被害者のネギを運んだ車両は、自転車を使ったのではという大胆な仮説に導かれる。それも、後ろに買い物カゴがついた通称ママチャリというタイプにとどめを刺す。雪の降っているときに自転車でお買い物に出掛けなければならない、という寒々しい状況から察するに、給付金を12,000円どころか240,000円ぐらいもらってもバチがあたらない低所得層であると考えられる。

⑨ここにその場の状況を再現してみれば、このネギ運搬人は吹雪にもかかわらず自転車で買い出しに出掛けた。免許もクルマもないからであるきっと。そして、らら・スタンプがもらえる「中止ん商店街」のフルーツきやなぎが2倍セールなのでネギと大根と芹と林檎を3個買って後ろのカゴに入れた。その後、禁猟区なのだが帰帆場公園で見つけた鴨が丸々と太って美味しそうだったので、石ぶつけて気絶させて連れ去り、生まれて初めて鴨ネギの鍋にありつこうとイヒヒしながら最後のコーナーを曲がった瞬間、ツルツルにすり減った後輪が雪で滑って転倒、後ろカゴの荷物は全て降り積もった雪の中に散乱し運搬人は尻を強打、さすりさすりしながら荷物をかき集めたが、痛かったし恥ずかしかったしあせってたので、雪の下に埋もれてしまったネギは忘れたまま家に帰ってしまったのだった。その後、雪の下になったネギは、上をクルマやヒトやらに何度も踏まれこんなカタチになってしまった。

 ・・・ってことは考えられないかな。

 ま、仮説は仮説であるから今日はここまでとして、明日から本格的な捜査に着手する。今日はこれにて解散・・・!


 ・・・ただいま。

 ・・・お帰りなさいあなたっ、アタシお尻を打撲してジンジン痛いの、梅宮辰夫と高橋克典みたいにフェイタスの貼るやつ買ってきてよ、その刺激がジンジンたまらないらしいからジンジンジンジンで山本リンダよ違ったっけ、ついでにネギと鴨肉もね、ネギは無くすし鴨に石は当たらないし今日は散々だったのよ・・・。


   ・・・あぁだめだ、うまいこと終わらね~や、いつもだったらどっかでオシマイ! なのに終わらね~や、あぁ秋田じゃなくって飽きた、じゃあね・・・。
スポンサーサイト



この記事のURL | baka&oriko | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |