FC2ブログ
霜柱
- 2008/12/08(Mon) -
霜柱

 昨日はつい興奮して、ブログを2つアップしてしまった。
 余裕を持って今日のネタにしてもよかったのだが、リアルタイムでアップしないとテンションが下がってしまう気がしたからだ。
 しかし、ヘタなりに一応は『写真ブログ』を標榜しているこのブログにおいて、はじめて写真なしのブログとなってしまった。
「エリート集団が捨て身軍団に負けたから 昨日は初めて写真なし記念日」 などと俵万智の「サラダ記念日」を真似たつもりはないが、実際に観戦したわけではなくてテレビ桟敷だったから、写真などないのだ。テレビ画面写したってシカタネーべ。
 それに昨日は休みだったから、年末の繁忙期にヒィヒィしながら働きまくりの皆様にはマコトに心苦しいが、例の如く昼酒呑み散らかしの罵詈雑言浴びせ倒しの観戦。真っ昼間からウヰスキーのグラスを片手に「倒せ~ナニやってんだー殺せーコノヤロ~!!」と、アナログ15インチの小さな画面に向かって大の大人が本気になって絶叫していたのであるあぁはずかし。
 
 相手が真剣に戦っているのだから、こちらもシラフじゃあ申し訳ないべ、ん、? 意味わからね・・・。

 さて。
 グッと冷え込んだ今朝、いつものようにジュリーとのお散歩に出掛けるとすぐに、足下がなにやらサクサクザクザク・・・、きたっ、霜柱だ・・・。

 地表と土の中の間に、氷の柱ができて地面を盛り上げ空間ができ、そこを踏むと砕けてザクザクするのだ。

 霜柱は、地表の温度が0℃以下、かつ地中の温度も0℃以下の時にできる。
 まず最初に地表の水分を含んだ土が凍り、その次に凍っていない地中の水分が毛細管現象で吸い上げられ、地表に出ると冷やされて凍る。それを繰り返して霜柱が徐々に大きくなるのだそうだ。

 地表が氷点下ということは空中も氷点下、おまけに地中も氷点下ならぜ~んぶ氷点下、♪まいに~ち~吹雪吹雪 氷のせかひっ! ピ~ヒャララピ~ヒャララと思わずギターをかき鳴らし井上陽水を熱唱したくなるほど寒いのだ。

 しかし、昨日の雪もほとんど解けてしまったし、まだ本気の吹雪もないので、着実に一歩一歩、ジワジワと近づいてはいるが、ほんとの冬本番はまだまだこれからなのさ・・・。
スポンサーサイト



この記事のURL | daily | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |