なんのこっちゃな日 #2
- 2008/04/30(Wed) -
桜花散る2

 これも、散った桜だ。
 キミたちが見ても
 ボクたちが見ても
 誰たち(?)が見てもそうだ。
 見たとおりの、雨の日だ・・・。
 

スポンサーサイト
この記事のURL | flower | CM(2) | TB(0) | ▲ top
なんのこっちゃな日 #1
- 2008/04/30(Wed) -
桜花散る1

 ソメイヨシノは、この北国でもとうの昔に散ってしまったのだが、お祭りだの宴会だのにうつつを抜かしている間に、忘れさられようとしていた写真がたくさん貯まったので、そいつらでしばらくはお茶を濁そう、と決めた。

 これは、散った桜だ。
 キミが見ても
 ボクが見ても
 誰が見てもそうだ。
 見たとおりの、晴れた日だ。

 一昨日の『28会』での地産地消バトルに勝利したワタクシは、トーゼンのことだが昨日は脳死状態。あぁサラリーマンじゃあなくって良かった、誰はばかることなくボケッとしてられる・・・。
 もとより、休みの日であるはずの27日はお祭りで駆けずり回りちっとも休みじゃなくてむしろ疲れたし、その翌日がバトルであったから、まともに思考したり動いたり働いたりできる状態ではないのだ。ああ、やたらと歩き回り呑みまくった3日間ではあったな。

 しかし、ゴールデンウィークなどというのがイケナイ。自分とはまったく関係ないそのゴールデンとやらのせいで、曜日と休みの感覚がすっかりおかしくなってしまっているのだ。自分の知らないところでヌクヌクと休んでいるヤツらがいると思うだけで腹が立つぞ、ああサラリーマンでいれば良かった・・・、どっちだ。
 世間様は、昨日は『昭和の日』でお休みだったんだな。だから、みんなしてあんなに陽気にはじけちゃったのかな一昨日の『28会』。
 そんなこととはまったく関係ないワタクシは、次の日が休みでもないのにギリギリの戦いを挑み見事勝利して、酒以上に自分に酔っていたのだ、ああバカみたい・・・。
 昼過ぎに、これから安比のレースに向けて練習に行くというメンバーのMさんが現れて、やっと昨日が休日だと知ったのだが既に遅し・・・。
 休みだか休みでないかおぼろげな日々には、トーゼンながらやる気は起こらず(いつもだが)、ボケーっと一日をやり過ごしていたのだが、夕方練習から戻ってきたMサンが、「ああ楽しかった楽しかった」と言いながらしばし立ち去る気配を見せず、しきりにノドが渇いているような素振り。練習の後の一杯は堪えられないからねぇ。
 シカタネー付き合うかってことで、喉を潤す一杯だけのつもりが二杯三杯四杯・・・。結局は、脳死状態のままでお店宴会を始めてしまったのだったよ。
 なんのこっちゃ・・・。
この記事のURL | flower | CM(2) | TB(0) | ▲ top
4月の28会 #6
- 2008/04/29(Tue) -
28会6

 展勝地の桜は散ってしまったけれど、どっこいここには『展勝桜』が残っていた。
 Mクンの収穫した酒米100%使用で作っている限定1,000本の純米生酒。同じく隣りにあるのが、M葡萄園で収穫されたぶどうで作られた白ワイン。すっきりして美味しかった。その2つのボトルの間に、うっすらと写っているグリーンのボトルが赤ワイン。赤も今年のできは上々で、『飲み放題』というMクンのご厚意に甘えて、ワインは7,8本開けちゃったみたい・・・。
この記事のURL | sake | CM(2) | TB(0) | ▲ top
4月の28会 #5
- 2008/04/29(Tue) -
28会5

 おっとっと・・・。
この記事のURL | sake | CM(0) | TB(0) | ▲ top
4月の28会 #4
- 2008/04/29(Tue) -
28会4

 Mクンの田んぼで獲れたお米で作った焼き味噌おにぎり。
 モミの状態で保存して食べる直前に脱穀するから、新米のように美味しい・・・。
この記事のURL | food | CM(0) | TB(0) | ▲ top
4月の28会 #3
- 2008/04/29(Tue) -
28会3

 これもMクン自作のピリ辛ソーセージ。カラシが無くても十二分にスパイシー・・・。
この記事のURL | sake | CM(0) | TB(0) | ▲ top
4月の28会 #2
- 2008/04/29(Tue) -
28会2

 Mクン自作の生ハム、サラミなどなど。白いアブラの部分が甘くて美味しかった・・・。
この記事のURL | sake | CM(2) | TB(0) | ▲ top
4月の28会 #1
- 2008/04/29(Tue) -
28会1

 月に一度の同級生との集まり『28会』が昨夜開催された。
 会場は、ほぼ青柳町の『渡来』に固定されているのだが、4月だけは別。4,5日前にご紹介した桜の名所『展勝地』の桜並木そばにメンバーのMクンの家があり、夜桜見物を兼ねてそこで毎年開催されるのだ。
 今年はあいにくと桜は散ってしまったが、そんなのお構いなし。12人のメンバーのうち10人が集合して楽しい一時を過ごした。
 Mクンは農業を営んでいて、無農薬有機農法での葡萄の栽培やお米などをメインに作っている。安けりゃいいっていう最近の風潮とはまったく逆の、本物を追求した農業を目指しているのだ。
 そんなMクンのおもてなしは、ほとんどすべてが自作品。飲み物にしてからに、ま、ビールはシカタナイから買ってくるが、赤ワイン、白ワイン、そして日本酒までが自分の畑と田んぼで獲れた原料で作られている。
 そしてお料理も、地元の肉を原料に自分で作った生ハム、ベーコン、ソーセージ等々で、文字通りの地産地消。農薬混入事件などまったく無縁の安全なメニューの数々であった。
 そんなM君の家は『農家民宿』もやっていて、集まった部屋がいわばリビングルーム。広々として居心地も満点。10人ぐらいが入れる大きなお風呂もあるが、さすがにこのメンバーでいっしょに入ることはなかった、当たり前だ気色悪い。
 結局、最後の三人の一人として残って、飲み放題のワインをたらふく頂いて本日の『勝負』に完勝、自転車で行ったのだが、帰りはちゃんと自転車を押して帰ってきましたよ。
 ・・・っていうか乗ろうにも乗れない泥酔状態で、ハンドルを杖代わりに寄りかかって帰ってきたというわけ。
 あぁ、北上川の川風が冷たかった・・・。
この記事のURL | sake | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋葉神社火防祭 #15
- 2008/04/28(Mon) -
火防祭2-9

 公民館の直前、最後のご披露『木遣り』の太鼓は、特別に『手古舞い』の女の子たちに。
 願いが叶って、嬉々として叩いていた・・・。
この記事のURL | fiesta | CM(2) | TB(0) | ▲ top
秋葉神社火防祭 #14
- 2008/04/28(Mon) -
火防祭2-8

 2日間の運行を終え、『帰り太鼓』の音に合わせて一路公民館へ・・・。
この記事のURL | fiesta | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ