2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
花に囲まれて
- 2017/04/29(Sat) -
             17042901.jpg



 帰帆場公園の、石垣の上。
 山桜と椿の間にジュリー(愛犬)のお墓がある。
 山桜の下にはヤマブキと、向こうには枝垂桜を望んで。
 正面から日が昇り、一日中太陽が地を照らす。

 最高のロケーションだな。
 昔の、高貴な方のお墓みたいだな。

 こんなところに葬られたら、死んでもムズム元気に生き返りそうだ。
 春になったら、一緒に土の中からコンニチハしちゃいそうだ。

 オレも、染黒寺よりここがいいな。

 おっとごめんなさい住職さん、もちろん染黒寺が一番ですとも・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | daily | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雨の休日
- 2017/04/27(Thu) -


 …グラスの底に顔があったって良いじゃないか・・・。

       by 芸術は爆発だ! の岡本太郎  1974年、キリンのウヰスキー、ロバート・ブラウンのCMでのセリフ。
                               実際に、底に顔のあるグラスをデザインしてプレゼントされた。









17042701.jpg


 ・・・ワンカップの中に柿の種があったって良いじゃないか・・・。

       by 休日は昼酒だぁ! のyasu-be   2017年4月26日、雨で展勝地へ行けず遠出もメンドクサイから、
                              近間の『やぎや』で昼酒・昼飯の一コマ。
                               知人と遭遇して気まずく無口になった心象風景が写し出されている。









17042602_2017042716113658e.jpg


 ・・・ワンタンの上にナルトがあればぐるぐるウレシーじゃないか・・・。

   by 『やぎや』はワンタンがベスト! のyasu-be   鳴門巻きは魚肉のすり身で、断面が渦巻模様のかまぼこの一種。
                                  なると巻きとも。略称はなると、ナルト。 鳴門海峡の渦潮にちなんで
                                  名付けられたといわれている( ウィキペディア)。



 ・・・しつこいしオモシロくない。
 ワンカップのハナシでやめておけばよかったが、ウナギが名物一押しの『やぎや』で、いまだに一度もウナギをオーダーできていない自分(末っ子に一度だけおごったことがあるが)の悔しさと情けなさ。今回も悲しやワンタンなのだが、酒を呑まなければウナギが食えるのも事実・・・。

この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夜桜見物
- 2017/04/26(Wed) -
17042606.jpg








17042601.jpg








17042604.jpg









17042602.jpg








17042603.jpg


 夜桜を見に行った。

 ・・・な、なにか・・・?

 呑んでから行ったからキツかった。
 呑まなきゃいいだけのハナシだが、つぶらな瞳には呑まなきゃ夜桜はきれいに見えないのだよ。

 例年立ち寄る、H枝ちゃんのお店へ。
 一年に一度しか会えないから、ロミオとジュリエットじゃなくってヒデとロザンナじゃなくってさくらと一郎いいえ世間に負けたじゃなくって、えっとそーだそーだ織姫と彦星みたいな感じだな。

 ・・・違うか・・・。


この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
父の命日
- 2017/04/25(Tue) -
17042501.jpg


 24日は、父の命日だった。







17042502.jpg


 祭りが大好きで、始まると店なんかほったらかしで。
 忌中の幕の外では、そんな父のために山車を止めて手古舞と木遣りのご披露をしてくれたっけ。
 それ以降、ずーっと20年以上も続いている。
 ありがたい、最大の供養だ。







17042511.jpg








17042503.jpg


 天気が良かったので、お墓参りの後に北上川対岸にある展勝地へ。
 ソメイヨシノは満開で、枝垂桜が始まっていた。







17042504.jpg








17042505.jpg








17042506.jpg


 鯉のぼりもウレシソーに泳いでいた。
 天気よければ、すべてよし。







17042507.jpg


 そして帰る道すがら、ウチの裏の帰帆場公園へ。







17042508.jpg








17042509.jpg









17042510.jpg


 まさかまさか、桜とチューリップと水仙とヤマブキと椿と、ここには出ていないが白木蓮とヒマラヤユキノシタとムスカリなんかが一緒に咲くのは、この30年近くで初めて見た。



 こんな花いっぱいの季節に墓にも花を盛ってもらって。
 そして祭囃子も聞いて。
 
 チキショ、決して冬には死なないぞ、って思った・・・。

この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
北上展勝地さくらまつり、4分咲き
- 2017/04/20(Thu) -
 昼酒は休日の日にしかできない(ま、営業中でもやろうと思えばできるのだが)から、たとえ満開に至っていないとしても歩いて展勝地へと向かったのであった。




17042001.jpg








17042002.jpg








17042003.jpg








17042004.jpg








17042005.jpg








17042006.jpg








17042007.jpg








17042008.jpg








17042009.jpg


 人出はパラパラ。
 その割に東南アジアとか中国系の言葉が飛び交うのは、なぜ?

 っつーか、北上は都会じゃあないし、普段はあんまり聞かないんですけれども。

 ま、桜はニッポン最強の観光アイテム。
 皆さん、展勝地へいらっしゃいな。

 この後、強風&鉛色の空&雨。

 ま、いい時間に写真撮れたな、って思えばいっか。

 四角い写真、タテイチだヨコイチだ考えなくっていいから、いいね・・・。
この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
まだかいな、終わったんかいな
- 2017/04/12(Wed) -
 絶対に咲いていない、とわかっていても、10日から始まった『展勝地さくらまつり』へ行ってみた、休みだから。
 昼呑みするには休日しかない。
 酒呑みたいから、さあ歩いて行くぞと意気込んだのだが、猛烈な風。
 家のドアを開けた瞬間にドアが戻されるほどの冷たく激しい風に、すぐにくじけてクルマで行くことにした。

 案の定、さくらのさの字もくの字もらの字もない展勝地。
 が、出店は10日からの強制営業なので開いていて、いつも吞んだくれるH枝ちゃんのお店へ行って、吞めないけれどおつきあいで焼きそばとか買った。

 その後、隣接する『民俗村』へ。
 桜の季節についでに行くと、すでに終了している水芭蕉を見るためだ。


             17041201.jpg








             17041202.jpg








17041203.jpg








17041204.jpg


 なんじゃ。
 桜はまだなのに、水芭蕉は終わっていた。
 おまけにここは、水仙がまだつぼみ。

 難しいな、季節は気まぐれだな。

 っつーか、季節はニンゲンの休日とか思惑とか、そんなことお構いなしに推移していくんだべ・・・。
この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
1,000kmとんぼがえり
- 2017/04/11(Tue) -
17041101.jpg








             17041102.jpg








             17041103.jpg








             17041104.jpg








17041105.jpg








17041106.jpg


 草加のおじさんが亡くなり、月曜日を急きょ臨時休業にして葬儀に参列した。

 朝6時にGIANT号で出発。
 二人だと、高速料金を入れても新幹線の約半分で済む。
 新幹線、高過ぎ。
 駅ビルをどんどんゴージャスにする前に、料金下げろ。
 エコカーとかがますます増えたら、もっともっと料金の差がつくだろう。

 11時に到着して、お昼過ぎからの葬儀に。
 一泊して、今朝6時前に草加発、今日の営業に間に合わせた。
 したら雨でヒマでさ。
 明日の水曜日は定休日だから、3連休にすればよかったな、結果論だけれど。
 プロのドライバーでもないし若くもないから、2日で1,000kmの運転はさすがにきつい。

 つくづく思う、遠くから嫁さんをもらうとこんな時タイヘンだ・・・。
この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ゲソとタコの似合うヒト
- 2017/04/06(Thu) -
 昨日の休日のお昼は、回らない寿司屋さんへ行った、すごいだろ。
 寿司が回らないんだぞ、知ってるか?

 で、カウンターに陣取って、まずは生ビール♪
 しかし、いくら待っていても回らない寿司だから、目の前に何にも現れてこない。
 そーだ、回らない寿司屋さんでは、声を出して何かを頼まなければ何も食えないのだ、忘れていた。

「と、とりあえずオツマミでちょこっと」
「はいよっ」


17040601.jpg



「げ、なんだこの高そうなアイテムの数々は。中トロは握ると二カンで1,000円、で4枚あるから2,000円近いな。鮃は同じく600円だから1,200円近く、そして子持ち昆布を足したらすでに3,000円以上・・・?」 

 このお店は、すべて値段表示の良心的なお店。
 しかし、いくら良心的といっても、寿司2カンで1,000円とかだと、やっぱり身構える。

 オレ、ゲソとタコでよかったのに・・・。








             17040602.jpg


 しばし箸をつけず、見るオツマミにしてビールをいただく、見て味わう、あぁ。

 その後も、頼まなければ何も出てこないのだら何か頼もうと思っても口が重い。
 大将、大トロ握ってくれ、なんて言ったなら、ケっ、売れない自転車屋の分際で大トロだと、100年早いわ、どーせ大トロなんて見たことないだろうから赤身でも握って大トロの料金ふんだくってやれ、きっと食った後に、さすがここの本マグロの大トロは美味い、さすがだねとかほざくにきまってる、・・・とかいう展開になるんじゃねーか、あぁ頼めない、どーしよ。








17040603.jpg








17040704.jpg



 オレはそもそも、今度の土曜日に開催される地域の集まりのお弁当26個を頼みに来たのだった。
 税込1,080円のお弁当が評判よくって、今年で3回目。
 一か月以上も前から、今年もあそこの弁当頼むと再三言われ、まるで弁当係になり下がったかのような日々を清算すべくお店に立ち寄り、ついでに昼めし食っとこう、と考えたのだがそれが甘かったか。

 生ビールの後に、このお店のおすすめ『田酒』をいただく。
 青森のお酒で、一升6,000円以上するお酒だから、お店では一合で最低1,000円以上?
 なぜか、回らない寿司屋さんへ来ると、頭の中で値段の計算ばかりしている自分がいる。
 しかし、以前にも書いたように金銭感覚がマヒしているから、3本もお代わりしてしまう。

 さてツレ殿は途中から吹っ切れたみたいで、最上級メニューのウニ(2カンで1,200円)とかイクラだとか、普段食えないものを重点的にオーダーし始める。
 1カンづつお裾分けしようとするのだが、たいして好きじゃあないと言ってひたすらに田酒の田に溺れる。

 さてさて、 恐る恐る勘定したら、意外に安くてびっくり!
 この前、自転車の修理を安くしたから、お返しにおまけしてくれたのかな・・・。


 お店を出たら、太陽がまぶしくほほに風が心地よかった。

 ヒクっ、あぁナニ食ったか覚えていないぞ、ラーメンでも食いに行くか・・・。

この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
4月1日
- 2017/04/01(Sat) -
 早いね、もう4月だと。







17040101.jpg


 おっと、5月のゴールデンウイークまで滑れる『夏油高原スキー場』には雪がまだたっぷりあるけれど、なんとなんと展勝地の桜が咲き始めた~~~っ!







17040102.jpg


 ひょっとしてもしかしてと思って帰帆場公園へ行ってみたら、啄木の碑の彼岸桜も満開だった~~~~っっ!!







17040103.jpg


 おいおいダイジョブか、ヤマブキももう咲いているぞ・・・。







17040105.jpg


 ま、まさかのチューリップ・・・?







17040106.jpg


 ギョエ~~っ、詩歌の森公園では紅葉が始まっちまった、ってか?







17040107.jpg


 えっ、なんでなんで、もう雪?









17040108.jpg


 は、白鳥も戻ってきてしまったぜ、あぁ、地球が、地球が爆発する~~~っっっ!!!


 ・・・エイプリルフールって、もうオヤジにしか通用しない?
 どーせ、ヤング(死語)は見てないから、ま、いっか・・・。
この記事のURL | daily | CM(2) | TB(0) | ▲ top
毎度な休日
- 2017/03/30(Thu) -
17033001.jpg


 ワンパターンの昼酒、さくら寿司。
 ワンパターンはシカタナイ、新しいお店が増えることはなく古いお店は消えゆくのみ。
 それが田舎ってことだから、な。

 この紺のお皿は160円。
 いなり、かんぴょう巻きなどの130円の白いお皿に次いで、安い。
 おすすめの、生イワシ。








17033002.jpg


 赤いのが200円で、しめさば。
 連続してヒカリモノ。
 血液サラサラのためにDDT、いやいやNHK、じゃあないなDENAだっけ、ま、どーでもいいがそんなのを食わなきゃな。







17033003.jpg


 そしてそして、この渋く白銀に光るお皿が400円!
 マグロ三点盛り、特選五点盛りの600円のお皿を除いて、単品では一番高いお皿なのだ。
 ネタもコメもない、ただの水分なのにねぇ。
 400円の寿司だと、熟考に熟考を重ねて結局断腸の思いで諦めるのだが、このお水は席に着くや否やアズスーンアズポシブル頼んで、あろうことかお代わり! までして平気なもんさ。

 結果、体にいいヒカリモノをいくら食っても、すべて帳消し元の木阿弥高脂血症・・・。







17033004.jpg


 で、食うもんは200円を限度に。

 しかしさぁ、金銭感覚、オカシくね?

 いつもより小さく写っているのはカンニンね。
 この日は、24mm f2.8単焦点一発勝負! でリキんで出かけた途中だったから、これでも最短距離。

 またしても、失敗写真でお茶を濁す、いやいやオチャケを呑むオヤジなのでした・・・。
この記事のURL | daily | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ