2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
5月8日 江の島・鵠沼海岸
- 2017/05/12(Fri) -
 ゴールデンウイークって基本いなかのお店はヒマなのに、都会の基準では稼ぎ時みたいで休みにくく、開けてすぐに休みを取ったのだった。

 連休するときはほとんど草加のツレ殿の実家通い、義母のお手伝いで終わるのだが、前夜イキナシとーとつに海を見たくなって、半日だけ進路変更をして海へ。

 ・・・この何年、海を見ていなかったろ。

 4年前に沖縄へ行った時以来か。
 なんかビミョーにオモシロくないのは、海を見ていないせいか。
 そうだ、そうに違いない。

 岩手の海は毎年一度は行っているけれど、自分的な意味での海ではない。
 半分は切り立って激しいし、半分は生活のための漁港みたいな海で、きゃあきゃあワイワイしていない。
 ビキニのネーちゃんの、イメージがない。
 3・11の地震・津波の悲しみがあるからじゃなくって、以前から思うに海岸に座ってポカ~ンと時間を過ごし、ボーっと波を見つめる海ではない。







17051201.jpg








17051202.jpg








             17051203.jpg


 往復はきついので、行きは船で。







17051204.jpg








17051205.jpg








17051206.jpg








17051207.jpg








17051208.jpg








17051209.jpg








17051210.jpg







17051211.jpg








17051212.jpg








17051213.jpg








17051214.jpg








17051215.jpg







17051216.jpg








17051217.jpg








17051218.jpg








17051219.jpg








17051220.jpg








17051221_20170512215952719.jpg








17051222_201705122159544c8.jpg








17051223_2017051221595681c.jpg








17051224_201705122159570b5.jpg








17051225_20170512220005337.jpg








             17051227s_20170512220143088.jpg









17051226.jpg








17051227.jpg










17051228.jpg








17051230.jpg


 晴れていたけれど、空はすっきりくっきりブルーではなく、少し霞んでいた。
 だから残念ながら、富士山も見えなかった。
 けれども、ゴールデンウイーク明けなのに、展勝地のさくらまつりみたいな人出だった。
 スゴイな東京って。
 ・・・ここは神奈川だけれど。

 江の島から小田急鵠沼海岸駅まで、海岸線をテクテク歩いた。
 オンショアのグダグダ波なのに、決してテイクオフできない波なのにサーファーが群がっていた。

 写真と同じだ。
 決してベストな条件ではないのに、その日にしか休めないってのがあるから、好きだから行くんだね。
 いいぞガンバレ、そんないい条件なんて、きっとオレタチの人生のほんの少ししかないさ。

 グダグダな波だけれどそんな波にココロは洗われて、気分はハイになった。

 海は、いいネっ!

 そんで、R134は、日本で一番カッコいい道路だと再認識した・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | holiday | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マンネリ定休日
- 2016/12/08(Thu) -
             16120801.jpg


 けっ。
 休みの日の昼飯時に、お茶なんか飲んでいられるかい。



16120802.jpg


 ふん。
 手を拭いてる暇なんかない、早く早く。








16120803.jpg


 ひひひヒヒヒ、ケケケけけけ。


16120804.jpg


 回転寿司でタコの唐揚げを食うバカなわたし。







16120805.jpg


 そしてまたまた揚げ物、いくら旬だからってカキフライで宴会ムード全開。







16120806_201612081832374d1.jpg


 ふん、ちゃんと寿司も食ったぞ、安いイワシとハマチだけんど。

 なになに、今どきはスマホで何でも撮れるって?
 ふん、悔しかったらこんなボンヤリした、いやいやボケっとした写真を撮ってみな。

 ・・・と、スマホなど持っていない画面真っ黒のガラケージジイのたわごとでした・・・。
この記事のURL | holiday | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東京、その他。
- 2016/12/05(Mon) -
             16120501.jpg


 えっと、前2回分のblogの旅、のその他。

 『大人の休日俱楽部』っていうジジババ向けのJR割引切符、4日間乗り放題15,000円也でお江戸へと向かったのであった。
 それでも、この通りガラガラ。
 新幹線、基本高過ぎ。
 クルマだと、燃費もよくなったのでフツーに高速使っても片道15,000円くらいで行けるから、二人だと半分で済んでしまう。
 JR、儲かってるよね、どんどん巨大化する駅舎とか見るとわかる。







             16120502.jpg


 で、節約しておつまみ自作持ち込み、酒も持ち込み。
 缶酎ハイでのどを潤した後は、お決まりの白ワイン。
 赤だと、余所行きの服(いつもと同じカッコだが)にシミがついちゃうから、いつも目立たない白で。
 ま、こぼさなければいいだけのハナシではあるが。

 このワイン、美味いか不味いかよくわからないが、安いしラベルに親近感がわくし、つい選んでしまう。







16120503.jpg


 このエスカレーターの図は、上りか下りか・・・?







             16120504.jpg


 無事、上野に到着。
 あぁ、行きたいなぁ、このお店。
 でも、見ても買えないからスルー。







16120505.jpg


 で、この建物へ。








             16120506.jpg


 ここここ。

 さっきのビルの地下、紛らわしいが上野の『銀座ライオン』。
 この夏に、正しい銀座の『銀座ライオン』で飲食したときにいただいた、2,000円の割引券の使用期限が11月29日、まさにこの日だったのだ。

 ま、その2,000円のために東京へ行ったわけではない、そんな費用対効果の薄いことはしない、いくらカネがなくても・・・。





16120507.jpg


 ゴクリゴクリゴクリ、プハ~~~。







16120508.jpg


 ブリと大根だが、いわゆる煮込んだブリ大根ではなく、生のカルパッチョ。







16120509.jpg


 肉。
 こんなの食ったっけ、まるで覚えておらず・・・。

 この後、一泊する浅草へ向かい、浅草寺などをパチリパチリ観光客。







             16120510.jpg


 で、小腹がすいたので、『寿司屋通り』にある寿司屋ではなく、昭和なかほりムンムンのこのお店へふらっと。








             16120511.jpg


 瓶ビールを頼んで、おつまみに餃子とニラレバをオーダーしたら、「ニラレバ? 純レバでしょ??」と言われたので純レバに。
 この純レバとDXラーメンが、このお店の看板なのだ(看板に書いてある)。
 文字通りレバーだけで、しかもかなり細かく切ってあって臭みなど一切なし。
 あの、もそもそした食感もなく、レバー嫌いな人もフツーに食えるなこれは。
 で、その甘辛いたれが絶品で、ネギと相まってビールが進む進む。
 まさに、今まで経験したことのないうまさだった。







16120512.jpg


 翌日、上野へ。

 お昼前に、銚子港直送魚介類、1時間飲み放題!! の看板につられて、アメ横の地下へ。

 写真のように、セルフサービスで生ビールはもちろん、銘柄物の焼酎や日本酒、各種カクテルなど、ワインはなかったがすべて1時間飲み放題っっ!!

 一人、最低2品のおつまみを注文するのが条件だ。








16120513.jpg


 生シラス。







16120514.jpg


 マグロの中落。







16120515.jpg


 アジフライ。








16120518.jpg


 静岡おでん。







16120519.jpg


 シラスと桜エビのサラダ。









16120520.jpg


 魚介類のカルパッチョ。


 べろべろ呑んでいたら、ついつい6品も頼んでしまい、1時間の制限もめんどくさくなり、ついつい居心地がよくて30分もオーバーしてしまった。
 5分オーバーごとに何円か加算されるシステムだが、おまけして5分オーバー分だけで清算してくれた。
 きっと、たしなむ姿が上品だったからだ、ハハハ。

 階段を上って外に出ると、真昼間の空がまぶしかった。

 さてさて、これからが本番、草加へ行って野良仕事だ・・・。
この記事のURL | holiday | CM(2) | TB(0) | ▲ top
神宮外苑から上野
- 2016/12/03(Sat) -
16120301.jpg








16120302.jpg








16120303.jpg








16120304.jpg








16120305.jpg








16120306.jpg







16120307.jpg








             16120308.jpg


 イチョウを撮りにだけ行ったのだが、全盛期は過ぎていた。

 上野の森では、十月桜とイチョウのコラボが撮れた。

 これらも昨日と同様、月並みな観光記念写真の域を出ない写真ばかりだが。

 ま、オレは観光客であるから、それでいいのであるが・・・。

 

この記事のURL | holiday | CM(2) | TB(0) | ▲ top
浅草
- 2016/12/02(Fri) -
16120101.jpg








16120202.jpg








16120203.jpg








             16120204.jpg








16120205.jpg








16120206.jpg








16120207.jpg








             16120208.jpg








16120209.jpg








             16120210.jpg








             16120211.jpg








             16120212.jpg








16120213.jpg



 日中は世界中の観光客でごった返す浅草界隈も、夜の9時過ぎともなれば閑散ちらほら。

 写真、撮り放題♪

 ま、月並みな観光記念写真の域を出ない写真ばかりだが・・・。
この記事のURL | holiday | CM(2) | TB(0) | ▲ top
円通院
- 2016/10/28(Fri) -
             16102805.jpg








16102806.jpg








16102807.jpg








             16102808.jpg








16102809.jpg








16102810.jpg








             16102811.jpg








16102812.jpg








             16102813 (2)










             16102813.jpg


  日本三景・松島の円通院
 国宝・瑞巌寺のお隣だ。

 昼と、粘ってライトアップされる夜と2回訪れた。
 名物のライトアップはさすがにキレイだったが、肝心の紅葉がまだまだ早かった。

 最後の3枚。
 『心字の池』に写り込む絵が圧巻だった。
 風が全くなく、まさに水鏡。
 思わず、引きずり込まれそうになったほど。

 しかし、写真が下手で、伝わらないなぁ。
 広角が、28mmしかなかったのも残念の理由にしとこ。

 さて、11月になったら、リベンジするか・・・。
この記事のURL | holiday | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぶらっと大堤公園
- 2016/08/03(Wed) -
             16080301.jpg








16080302.jpg








             16080303.jpg


 北上市の市花、白ゆりがそろそろ終了だった。







16080304.jpg








16080305.jpg








16080306.jpg


 北に帰れなかった白鳥が10羽、のんびりと羽を休めていた。
 首が、この暑さで日焼けしたみたいに見えた。

 山へも行かず、久し振りにノンビリした休日だった・・・。
この記事のURL | holiday | CM(0) | TB(0) | ▲ top
梅雨の晴れ間
- 2016/06/23(Thu) -
 今月12度目のお山、草刈。
 去年、何となくマウンテンバイクのコースが完成したのだが、一冬超えたらまた草ボーボーでいつ終わるのやら。
 これって、未来永劫に完成はない、っつーこと、だよね?


16062301.jpg


 カッコいいデリカが2台。
 デリカファンクラブなるものも、あるそーな。
 三菱も、こんなカッコいいクルマ造れるのにねぇ。







16062302.jpg


 曇りの予報だったが、日が差した。
 梅雨の間に、これはウレシー♪
 
 お休みだったから少し長居をしようかとは思っていたが、急遽バーベQをしようということになり、一度お山を下りて肉やビールの買い出しへ。

 汗だくの体に、ビ、ビールがウンメ~~!









16062303.jpg


 お客様で来ていたIさんが、とっておきの牛肉を差し入れ。
 恥ずかしくて、買ってきた肉、出せず。







16062304.jpg


 ピーマンは切らずに丸ごと焼いた方が美味い、というアドバイス通りにしたら、ホント美味かった。
 なぜか、種も苦くない。






16062305.jpg


 赤トンボほどの大きさのトンボがふらふら。
 よく見たら色が違うから、これはオニヤンマの子供だっということになって。

 オニヤンマの子供、初めてみた。

 一段落して、再びの草刈。
 酔っ払い草刈なので、なにやら絶好調!!
 酔っ払い草刈って、違反じゃあないよね。

 帰りの運転?

 オレは、代行を呼ぼうオメーもせっかくだから呑め呑めと勧めたのだが、こんな山奥に代行を呼ぶなんて恥ずかしすぎるし不経済、と言って拒否。中古のバネット運転2回目のツレ殿の運転で山を下りることになったのだが、怖すぎてせっかくの酒も醒めちまった酔い・・・。
この記事のURL | holiday | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コースが消えた・・
- 2016/05/26(Thu) -
 昨日の早朝、去年ほぼ完成したマウンテンバイクのコースへ。
 今年3回目。


16052601.jpg








16052602.jpg


 タニウツギがあちこちで、可憐なピンク色に咲き誇っていた。







             16052603.jpg








             16052604.jpg


 野生のフジも、まだまだあちこちの樹木に絡みついて。







16052605.jpg

 
 だがしかししかし、草だって負けてはいないゾ、の雑草魂。

 前回はまだ土の道があってコースらしかったのだが、辺り一面ボーボーに浸食されてコースの面影すら見えず。
 当たり前だね、草だけ生えないなんて都合のいいことがあるはずもない。
 自然は、みんなに平等だ。

 さて、また一からやり直しますか、KEEP CHALLENGING・・・。
この記事のURL | holiday | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アメ横→しょんべ、いやいや『思い出横丁』
- 2016/05/12(Thu) -
 世間様のゴールデンウイークとやらを、歯ぎしりしながら連日営業し、世間様が娑婆に戻った瞬間に3連休を取ってやったへへへ。
 フツー小売業は、お盆とかお正月以外にはなかなか連休をとらないのだが、ここはパパママショップ従業員2人。
 つまり、お店を閉めないためには一人は働かなくてはならないのだが、うちは一人欠けると営業にならない。

 オレ、POSレジとかクレジットカードの処理ができない。お客様にお愛想笑いができない。電話が怖くて出られない。
 ツレ殿、自転車の組み立てとかメンテナンスができない。

 で、二人いないと成り立たないから、お休みとなる。

 ちょ、ちょっと待てよ、お、おまいがレジとか覚えれば、最低限の留守番ができるべな、ってか?

 い、い、いやだ、だ。
 そーなると、いつも留守番役は自分になるから、アタマはいいのだがそんな些末なことは覚えない。
 アタマがイーっつーことは、そーゆーひとのことを言うのだ。

 で、幸せの3連休は、パソコンなどもちろんなし、スマホ・携帯もちろんなし(持っていないという意味だが)で、ブログどころではない南の島のパラダイスで海を眺めながらボーっとしてたのだよ。

 ・・・ホントはツレ殿の実家草加で、畑仕事・枝切り・その他雑用エトセトラに明け暮れていたのだが、一晩だけ脱出して上野・新宿へと繰り出したのであった・・・。



 上野、アメ横。


16051201.jpg


 アメ横で呑むには、『煮込み』を頼まないやつはモグリである。







16051202.jpg


 アメ横で呑むには、ホッピーはマストアイテムである。
 ちょ、ちょっとここは氷が多すぎではあるが。







             16051203.jpg


 アメ横で呑むには、鰯の塩焼き頼むべきである。
 なんのことはない、ただのおススメであったからだが。







             16051204.jpg


 アメ横で呑むには、「焼き鳥、塩で!」 がキマリである。
 タレこそがそのお店の秘伝とやらであるのだが、タレ好きは甘いものが好きと思われがち。
 塩を舐め舐め升酒すする、みたいなのがいーのだ。








             16051205.jpg


 アメ横では一番ベタな、最も人が交差する十字路に面する昼呑み酒場、『文楽』。
 アメ横が今みたいに昼呑みの聖地、ヘミングウェイの愛したパリのモンパルナス大通りのカフェみたいにお店の外で呑むスタイルが定着する前から、この地で頑張っていた。
 このお店、昔はもっと汚かった。
 昔と言っても、ほんの数年前のことだ。

 で、改めて今、写真を見て店名を知った。
 外呑みするのに、店名はほとんど関係ないし。

 上を、電車が走る。
 そして今、そのお隣のお店で、グビっ。
 







16051206.jpg


 以前はマグロ専門店? 回転寿司だったっけ?

 そこにそこに、狂喜乱舞のクジラ専門店がオープンしていたぁ~~!!
 涙涙のクジラのベーコン、そして3点盛りが各500円。
 しかもしかも、クジラと同じような色をしているバイスサワーがあったりして、ウレシ~~♪
 お皿とかグラスもなしですべて使い捨て容器、まるでお花見感覚のお店だった。


 ・・・いけね、呑みすぎはダメよ、この後、義姉さんと新宿で会う約束であったのだ。
 






             16051207.jpg


 神奈川の大和在住の姉は、あんまり新宿に詳しくなく、会う場所を単にお互いの中間点にしただけ。
 で、かつて代々木で暮らした自分があれこれ考えたのだが、とっておきの代々木『あん』は、残念ながら一昨年に閉店。
 しかし、新しいお店など皆目分らない。

 その時ふと脳裏に、しょんべん、いやいや『思い出横丁』の記憶が・・・。

 しょんべ、いやいや『思い出横丁』のメインストリートを歩いていたら、なにやら義姉はおびえている様子。
 それはシカタナイ、小田急デパートの改札から、何のためらいもなく迷いもなく、階段を上がり通りを横切り、しょんべ、いやいや『思い出横丁』へご案内できた自分も画期的だが、そこはまるで彼女の知らぬ別世界。

 やっぱ、失敗したかと思いつつ、比較的フツーのチェーン店系呑み屋が集まる線路沿いに。

 名前が同じだというだけで、ここに・・・。







16051208.jpg








16051209.jpg








16051210.jpg







             16051211.jpg


 座るやいなや、さっきの通りの方がオモシロそうだったよね、だと。







             16051212.jpg








             16051213.jpg


 で、やっとこさ3人が座れるお店を見つけて、スンマセンスンマセンしながら一番奥の席へ。







             16051214.jpg


 したら何のことはない。
 お隣のお店はガラガラで敬遠、混んでたギューギューのお店の奥に収まったのだが、じつは奥がこうしてつながっていて同じお店ってな図。

 あぁ、東京ってコワいなぁ、なんちゃってさ。







16051215.jpg


 しかしオレ、いつもいつもどこでもどこでも、同じようなものばっかり食っているなぁ。


 以上、3連休、オシマイ・・・。

この記事のURL | holiday | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ